ケヴィン・コスナー

ケヴィンコスナー

大学卒業後、一時会社勤めをしたが、俳優を志し、劇団に入る。小さな役で映画デビューしたものの、長い間、不遇の時代が続いたが、「アンタッチャブル」(1987)でスターの座を獲得。初監督した「ダンス・ウィズ・ウルブズ」(1990)でアカデミー作品賞、監督賞を受賞。