ダイアン・レインがケヴィン・コスナーに言及「ヒーローを演じてほしい」

1

35

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 9 25
  • 1 シェア

サイコスリラー「すべてが変わった日」より、ダイアン・レインケヴィン・コスナーのコメントが到着した。

左からケヴィン・コスナー演じるジョージ・ブラックリッジ、ダイアン・レイン演じるマーガレット。

左からケヴィン・コスナー演じるジョージ・ブラックリッジ、ダイアン・レイン演じるマーガレット。

大きなサイズで見る(全15件)

ラリー・ワトソンの小説をもとにした本作の舞台は1960年代。劇中では暴力的な男と再婚した義理の娘と孫を連れ戻そうと、常識が通用しない異様な一家に立ち向かう夫婦の姿が描かれる。元保安官のジョージ・ブラックリッジをコスナー、妻マーガレットをレインが演じた。

左からケヴィン・コスナー、トーマス・ベズーチャ。

左からケヴィン・コスナー、トーマス・ベズーチャ。[拡大]

「マン・オブ・スティール」「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でスーパーマンの養父母役として共演経験があるコスナーとレイン。本作への出演が先に決まっていたのはレインだ。コスナーは「とても魅力を感じたのは、すでにダイアンが関わっていたこと」とオファー時を回想。監督トーマス・ベズーチャが執筆した脚本も気に入ったそうで「『シルバラード』『さよならゲーム』『ダンス・ウィズ・ウルブズ』といった、非常によくできた映画の台本に並ぶものでした」と語った。

レインは「ケヴィンにはヒーローを演じてほしいと思います。彼はどこにいても、どんな登場人物を演じても、勝手がわかるようです。彼が演じることで、ストーリー展開がはっきりしてきます。間違いなくジョージ役でもそういった存在感があります」と述懐。「ケヴィンはこの物語の美しい部分、物語で描かれた人々の純粋さと真実を見抜き、そこが彼の琴線に触れたのです」ともコメントした。

製作を担当するポーラ・メイザーは「ケヴィン・コスナーはアメリカ映画界の代表的存在で、西部劇的な雰囲気を漂わせています。彼独特の輪郭のはっきりした顔立ち、下顎の感じ、見事な青い目、率直さといったものが、ぴったりはまっていると思います」と称え、「ケヴィン・コスナーは本当に率直な性格で、世の中を悟ったような雰囲気があり、ジョージ役にはぴったりだと思いました」と起用理由を説明している。

「すべてが変わった日」は、8月6日より東京・TOHOシネマズ シャンテ、シネクイントほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全15件)

(c)2020 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

ダイアン・レインがケヴィン・コスナーに言及「ヒーローを演じてほしい」
https://t.co/AzXfMdNXOM

#ダイアン・レイン #ケヴィン・コスナー #すべてが変わった日 https://t.co/D5xxZoY11v

コメントを読む(1件)

関連記事

ダイアン・レインのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 すべてが変わった日 / ダイアン・レイン / ケヴィン・コスナー / トーマス・ベズーチャ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。