コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

種村、宇仁田ら続々参加!BJ40周年ピノコトリビュート祭

220

月刊プリンセス(秋田書店)では本日4月6日発売の5月号から、手塚治虫「ブラック・ジャック」の40周年を記念したトリビュート企画がスタート。今号には種村有菜紗久楽さわ宇仁田ゆみ山中ヒコが参加している。

トリビュート企画ではさまざまな人気作家が、ピノコをメインにしたマンガおよびイラストを発表。種村と紗久楽は手塚タッチを意識した絵で短編を手がけ、宇仁田は「うさぎドロップ」のりん、山中は「王子様と灰色の日々」の敦子とピノコのツーショットを描き下ろした。

また5月2日発売の6月号には山本ルンルンおがきちかタアモ久世番子が登場する。その後は8月号までにふみふみこアサダニッキ雁須磨子かわかみじゅんこ金田一蓮十郎みきもと凜水沢悦子田中圭一がラインナップ。9月号以降には西炯子星野リリィの参加も予定されている。

このほか今号では天乃タカの新連載「のちのちのシトロン」が開幕。正義の味方の子として生まれ、男子に変身できる能力を引き継いだ女子高生・鈴のスクールライフを描いていく。

コミックナタリーをフォロー