なでしこジャパン物語、宮間・安藤・鮫島をマンガ化

88

本日5月2日に発売された月刊少年ライバル6月号(講談社)より、サッカー女子日本代表の選手を主人公にした、3カ月連続掲載の読み切りシリーズ「魅せろ!なでしこジャパン」がスタートした。第1弾は工藤晋原作、岡山湯郷Belle協力による笠原巴「宮間あや物語」。

「宮間あや物語」カット

「宮間あや物語」カット

大きなサイズで見る(全4件)

同作では今年から代表の新キャプテンに選ばれた、宮間の半生を描く。小学1年生からサッカーを始めた彼女が監督に誘われ岡山湯郷Belleに入団し、渡米を経てワールドカップで活躍するまでが綴られている。

なお6月4日発売の月刊少年ライバル7月号には「安藤梢物語」が、7月4日発売の月刊少年ライバル8月号には「鮫島彩物語」が掲載される。いずれも原作は工藤が担当。マンガは「安藤梢物語」を山崎夏軌が、「鮫島彩物語」は佐治晴斗が手がける。

この記事の画像(全4件)

笠原巴のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 笠原巴 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。