コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「ギルティクラウン」コミカライズがガンガンで始動

11

本日10月12日に発売された月刊少年ガンガン11月号(スクウェア・エニックス)にて、アニメ「ギルティクラウン」のコミカライズ連載がスタートした。作画を手がけるのは満月シオン

「ギルティクラウン」は、10月13日よりフジテレビの「ノイタミナ」にてスタートするTVアニメ。同作は、突如発生したウィルスの影響により、独立国家としての機能を失った近未来の日本が舞台。平凡な少年・桜満集が人の身体から「ヴォイド」と呼ばれる物質を取り出せる能力を得るところから物語が始まる。今号には、付録としてキービジュアルと描き下ろしのコミカライズイラストをあしらったリバーシブル下敷きが付いている。

ほかにも今号には、出水高軌が読み切り「クロスゲンガー」で約2年ぶりにガンガンに登場。また極道会長とオタク女子を描いた都の読み切り「となりの極道くん。」も掲載されているほか、スタン・リーとBONES原作による太田多門の「HEROMAN」は最終回を迎えた。完結巻となる5巻は12月に発売される予定だ。

コミックナタリーをフォロー