ローランサンとシャネルを軸に狂乱の時代を描く、桜沢エリカの新連載が明日開幕

3

58

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 8 40
  • 10 シェア

桜沢エリカの新連載「パリ 1921―蠍座の女と獅子座の女」が、明日6月12日に家庭画報.comでスタートする。

「パリ 1921―蠍座の女と獅子座の女」カット

「パリ 1921―蠍座の女と獅子座の女」カット

大きなサイズで見る(全2件)

桜沢エリカ

桜沢エリカ[拡大]

「パリ 1921―蠍座の女と獅子座の女」でスポットが当たるのは、画家、そしてデザイナーとして新時代を切り拓いたマリー・ローランサンとココ・シャネルの2人の女性。自らの才覚でそれぞれの頂点を目指した2人を軸に、自由と個性と新しい価値観の模索が追求された“狂乱の時代”である1920年代のパリの模様がファッショナブルに描かれていく。作品は毎月第2・第4水曜日に更新予定。なお家庭画報.comでは桜沢のインタビューが公開されている。

この記事の画像(全2件)

読者の反応

  • 3

桜沢エリカ新連載『パリ 1921ー蠍座の女と獅子座の女』🇫🇷🦂🐯🎨👗 @nadeshicopro

公開されました📢📢
皆様よろしくお願いします🙇🙇 https://t.co/4F9d9i7B5D

コメントを読む(3件)

桜沢エリカのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 桜沢エリカ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。