コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

井上雄彦が「親鸞の生き様」描く屏風絵、東本願寺で公開

145

井上雄彦が浄土真宗の宗祖・親鸞を描いた屏風が、4月4日より17日まで京都・東本願寺の大寝殿にて公開される。

この絵は高さ212cm×横582cmの六曲一双の屏風に、墨一色で描かれたもの。東本願寺は親鸞の750回御遠忌を迎えることを機に、井上に「激動の生涯を送った親鸞聖人の生き様」をテーマとした屏風絵の制作を昨年依頼。親鸞の自己と向き合う姿や懊悩する様に共感した井上は、左双には動物に囲まれる中ひとりでたたずむ親鸞、また右双には親鸞とその後ろに続く老若男女たちの姿を描いた。

なお東本願寺は東日本大震災の被災者への支援活動として、井上と相談しこの屏風絵を使用したグッズを制作。ポスターやポストカード、ミニチュアの屏風などが販売される予定で、収益金はすべて寄付される。

コミックナタリーをフォロー