映画「夏へのトンネル、さよならの出口」ティザービジュ公開、八目迷&田口智久監督コメントも

1

234

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 65 158
  • 11 シェア

劇場アニメ「夏へのトンネル、さよならの出口」のティザービジュアルが公開された。

劇場アニメ「夏へのトンネル、さよならの出口」ティザービジュアル (c)2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

劇場アニメ「夏へのトンネル、さよならの出口」ティザービジュアル (c)2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

大きなサイズで見る(全2件)

2022年夏に公開される「夏へのトンネル、さよならの出口」は、八目迷の小説を原作としたジュブナイルSF。「ウラシマトンネル」と呼ばれる、中に入ると歳を取る代わりに欲しいものが手に入るという都市伝説にまつわる物語で、過去に最愛の妹を亡くし欠落を抱えて生きる主人公・塔野カオルと、ある悩みを持つ転校生の少女・花城あんずが、「ウラシマトンネル」で互いの“欲しいもの”を手に入れるために協力関係を結んだことから展開される。

公開されたティザービジュアルは、原作小説のイラストを手がけるくっかによるもの。さらに八目と、田口智久監督からのコメントも到着。八目は「作家としてデビューしたときから映画化は大きな憧れでした。それが実現することに、今でも新鮮な驚きがあります。スタッフの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです」、田口監督は「美しい作品には美しい映像が必要で、かつそれがしっかりと映画にならなくてはならないというプレッシャーの中、頼れるスタッフと共に日々制作を進めています」と思いを語っている。

八目迷(原作)コメント

作家としてデビューしたときから映画化は大きな憧れでした。それが実現することに、今でも新鮮な驚きがあります。スタッフの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
『夏へのトンネル、さよならの出口』は、いつか夢見た理想の夏を舞台にしたボーイミーツガールです。どこか懐かしくて儚い、そんな小説になるよう物語を綴りました。劇場アニメになれば、より深く理想の夏に潜り込めるんじゃないかとすでにワクワクしています。
映画の公開を心待ちにしております。

田口智久監督コメント

原作を読んだ時に美しい作品だと思いました。
今、この時代に信じられるものは何かということに向き合い紡ぎ出した作品だと感じました。
美しい作品には美しい映像が必要で、かつそれがしっかりと映画にならなくてはならないというプレッシャーの中、頼れるスタッフと共に日々制作を進めています。
2022年の夏、乞うご期待!

この記事の画像(全2件)

劇場アニメ「夏へのトンネル、さよならの出口」

2022年夏公開

スタッフ

原作:八目迷「夏へのトンネル、さよならの出口」(小学館ガガガ文庫刊)
キャラクター原案・原作イラスト:くっか
監督:田口智久
制作:CLAP
製作:映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

全文を表示

読者の反応

  • 1

コミックナタリー @comic_natalie

映画「夏へのトンネル、さよならの出口」ティザービジュ公開、八目迷&田口智久監督コメントも(コメントあり)
https://t.co/FRzf96v8fo https://t.co/ORMbEFkh00

コメントを読む(1件)

関連記事

田口智久のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 田口智久 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。