丸尾末広の新連載は“地下潜行的マンガ道”、ビーム26周年号で「アン・グラ」開幕

4

190

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 38 140
  • 12 シェア

丸尾末広の新連載「アン・グラ」が、本日11月12日発売の月刊コミックビーム12月号(KADOKAWA)でスタートした。

丸尾末広「アン・グラ」より。

丸尾末広「アン・グラ」より。

大きなサイズで見る(全33件)

「アン・グラ」は1960年代の東京を舞台に、マンガ家を志す青年・ミゲルを描く“地下潜行的マンガ道”。親戚のサチコと一緒に、集団就職で一緒に東京に出てきたミゲルだったが、どんな仕事も続かない。家賃を払えずアパートを追い出されてしまった彼は、サチコの家に身を寄せるが……。

林史也「世襲制トライアングル」より。

林史也「世襲制トライアングル」より。[拡大]

そのほか今号では、新鋭・林史也の新連載「世襲制トライアングル」も始動。主人公の藤木光太郎は、子供の頃からの幼なじみで、同じ女性を好きになった三角関係の相手でもある男・梶原透が、事故で死んでしまったと聞かされる。複雑な思いを抱えながら実家に帰った光太郎が、ある人物と出会ったことから物語が動き出す。

また今号はコミックビームの創刊26周年号としてW表紙仕様になっており、丸尾の「アン・グラ」と、和山やまの「ファミレス行こ。」のイラストがそれぞれ表紙を飾った。さらに“創刊26周年記念読切大攻勢”として、新田章、古山フウ、山田睦、臓内ニガツ、宮川舟の読み切りが掲載されている。

この記事の画像(全33件)

読者の反応

  • 4

みやしたゆきこ @fukubukuro

丸尾末広の新連載は“地下潜行的マンガ道”、ビーム26周年号で「アン・グラ」開幕(試し読みあり) https://t.co/6xgcei2A8B

コメントを読む(4件)

関連する特集・インタビュー

丸尾末広のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 丸尾末広 / 和山やま の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。