「ゴルゴ13」がギネス世界記録に認定、ちばてつやや高橋留美子らもお祝い

584

さいとう・たかを「ゴルゴ13」が、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ(Most volumes published for a single manga series)」としてギネス世界記録に認定された。

さいとう・たかを

さいとう・たかを

大きなサイズで見る(全5件)

「ゴルゴ13 - 201巻 世界記録到達記念! 特設サイト」より。

「ゴルゴ13 - 201巻 世界記録到達記念! 特設サイト」より。[拡大]

1968年に連載スタートし、超一流のスナイパー・デューク東郷の活躍を描く「ゴルゴ13」。7月5日に201巻が発売されたことで、これまで「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ『Most volumes published for a single manga series』200巻」の記録を保持していた秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を抜いた。さいとうは「連載開始時に最終回のコマ割りまで考えていて、当初は10話で終わるつもりだったゴルゴが、気がつけば10年経ち20年経ち、50周年の時に結構長く続けたなと思っていたら、201巻でギネス世界記録認定と言われ、正直驚いております」とコメントし、周囲の支えに感謝を贈った。

世界記録認定を記念した「ゴルゴ13 - 201巻 世界記録到達記念! 特設サイト」もオープン。藤子不二雄(A)ちばてつや浦沢直樹青山剛昌高橋留美子がお祝いのコメントを寄せており、「ゴルゴ13」より「高度1万メートルのエピデミック」「死闘ダイヤ・カット・ダイヤ」「恐慌前夜」が無料公開されている。また世界記録到達記念Tシャツが201枚限定で販売中だ。

さいとう・たかをコメント

「ゴルゴ13」は昭和43年、まだ子供向けの漫画が主流だった時に、編集部から「大人が読むに耐えられる主人公で作品を作って欲しい」と言われて連載が始まりました。連載開始時に最終回のコマ割りまで考えていて、当初は10話で終わるつもりだったゴルゴが、気がつけば10年経ち20年経ち、50周年の時に結構長く続けたなと思っていたら、201巻でギネス世界記録認定と言われ、正直驚いております。
これも偏に、スタッフの皆さん、出版関係者の方々、そして何よりも、ゴルゴをいつも楽しみにしてくれている読者の皆さんの存在あってこその記録です。感謝しかありません。
これからも、続けられる限り、体力が持つ限り描き続けたいです。「ゴルゴ13」は私の作品であると同時に、読者のものでもありますからね。いつも待ってくれている読者のために、一話一話ひとつずつやっていきたいと思います。

この記事の画像(全5件)

関連記事

さいとう・たかをのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 さいとう・たかを / 藤子不二雄(A) / ちばてつや / 浦沢直樹 / 青山剛昌 / 高橋留美子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。