「胸きみ」浮所飛貴は“リアル王子様”、お姫様抱っこ数分キープに共演者が胸きゅん

1329

紺野りさ原作による実写映画「胸が鳴るのは君のせい」の公開記念舞台挨拶が、本日6月5日に東京・新宿バルト9で開催され、有馬隼人役の浮所飛貴美 少年 / ジャニーズJr.)、篠原つかさ役の白石聖、長谷部泰広役の板垣瑞生、長谷部麻友役の原菜乃華、高橋洋人監督が登壇した。

浮所飛貴(美 少年 / ジャニーズJr.)

浮所飛貴(美 少年 / ジャニーズJr.)

大きなサイズで見る(全3件)

映画「胸が鳴るのは君のせい」公開記念舞台の様子。挨拶左から高橋洋人監督、原菜乃華、浮所飛貴(美 少年 / ジャニーズJr.)、白石聖、板垣瑞生。

映画「胸が鳴るのは君のせい」公開記念舞台の様子。挨拶左から高橋洋人監督、原菜乃華、浮所飛貴(美 少年 / ジャニーズJr.)、白石聖、板垣瑞生。[拡大]

同作において、観客を入れて舞台挨拶が行われるのはこれが初めて。浮所は「ちょっとばかし緊張してますが、本日は足を運んでいただきありがとうございます。できるかできないかわからない中でしたが、ここに立ててとてもうれしいです! お客さまの前でイベントができて、泣いている人もいるし、自分でもグッときています。この光景を見れてうれしいです」と挨拶をする。白石は「コロナ禍が続く中でこの日を無事に迎えられたことが本当にうれしく、感慨深く思います」と述べた。

その後、同作のテーマが“不意打ちの胸きゅん”であることから、登壇者たちは「最近ドキドキしたこと」を話すことに。浮所が「今日の朝、みっきー(板垣)に『今日はよろしくね』とメールをしたら、よくわからない変な改行で返事がきた。でも、その返信内容も朝から爽やかで、きゅんきゅんさせられました」と話すと、板垣は「まっすぐに『楽しもうね』と伝えるのがちょっと恥ずかしかった」と返す。白石は「かき氷が好きなのですが、お仕事で1日に4個かき氷を食べる機会があってすごくうれしくて胸が鳴りました」と言い、周りから「お腹痛くならない?」と心配されながらも熱いかき氷愛を語る。さらに「座長・浮所にきゅんとしたエピソード」の話題になると、原が「麻友がお姫様抱っこされるシーンのときに、持ったまま数分キープしながらずっと気にかけてくれて、リアル有馬くんでリアル王子様でした」とコメント。浮所は「このコーナー恥ずかしい!」と照れながら笑顔を浮かべた。

浮所飛貴(美 少年 / ジャニーズJr.)

浮所飛貴(美 少年 / ジャニーズJr.)[拡大]

なお本日の舞台挨拶ではサプライズとして、舞台挨拶には登壇していないキャストやファンによる応援メッセージが書かれたバックパネルを用意。代表して浮所が除幕し、「ありがとうございます!」と感謝を伝える。また高橋監督からもキャストにサプライズで花束の贈呈が。高橋監督が「撮影期間は短かったけれど、1日1日が凝縮されていました。座長を筆頭にここまでみんなにがんばっていただいて、この日を迎えられてよかった。この思いが全国に届いていくように願っています」と述べると、浮所は「これも本当にサプライズ! 初めての主演映画で高橋監督とご一緒できてうれしいです。胸きみカラーの青と水色のお花で、いい香りがします」と喜びを噛み締めた。

最後は浮所が「ここにいるキャストのみんな、今日ここに来ていないキャストのみんな、そしてスタッフの方々、全員のおかげでここに立てていることを実感しています。暗いニュースが日々流れている世の中ですが『胸が鳴るのは君のせい』によって、ちょっとでも日本が、世界が明るくなるような、ニコニコできるような映画になっていればと思っています。僕の初主演映画『胸が鳴るのは君のせい』、今後もよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました!」とメッセージを送る。会場はお祝いムードに包まれ、舞台挨拶は和やかに終了した。

※高橋洋人の高ははしご高が正式表記。

この記事の画像(全3件)

関連記事

紺野りさのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 紺野りさ / 浮所飛貴 / 美 少年 / 白石聖 / 板垣瑞生 / 原菜乃華 / 胸が鳴るのは君のせい の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。