「GUNSLINGER GIRL」の相田裕が描く明治浪漫譚、ヤングアニマルで新連載

647

「GUNSLINGER GIRL」の相田裕による新連載「勇気あるものより散れ」が、本日2月26日発売のヤングアニマル5号(白泉社)で開始した。

「勇気あるものより散れ」第1話の扉ページ。

「勇気あるものより散れ」第1話の扉ページ。

大きなサイズで見る(全2件)

「勇気あるものより散れ」は、不死の娘と死に損ないの武士を描く明治浪漫譚。「武士の世は終わった」と感じ、死ぬことを考えながら無為に生き永らえる元会津藩士・鬼生田春安が、刀剣屋で1人の少女と出会ったことから物語は動き出す。

またヤングアニマル5号では、前号から続き「今はグッと我慢」特集の第2弾を展開。MoeKo原作・松本救助作画で描かれる、あかほりさとると原田重光というヤングアニマルで活躍するマンガ原作者2人を題材にしたBL作品「サトルとシゲミツ」、霊になった彼と生きてる彼女の関係を男女両方の視点で見せる鈴木海彦「死んでも好きなんて言うな」の2本が掲載された。

この記事の画像(全2件)

相田裕のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 相田裕 / 松本救助 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。