「夢中さ、きみに。」YouTubeで二階堂編の朗読劇を配信、梶裕貴・小野賢章出演

461

和山やま「夢中さ、きみに。」を原作とする朗読劇が、3月7日にYouTube Liveで生配信される。

朗読劇「夢中さ、きみに。」の告知画像。

朗読劇「夢中さ、きみに。」の告知画像。

大きなサイズで見る(全7件)

「夢中さ、きみに。」は不気味なあまり周りから避けられている高校2年生の二階堂明、彼の前の席に座る目高優一を描く4編と、中高一貫の男子校に通うミステリアスな高校2年生・林美良を中心にした4編を収めた作品集。「このマンガがすごい!2020」オンナ編で第2位を獲得し、累計部数は25万部を突破している。また同作を原作としたドラマが1月より放送され、2月4日に最終回を迎えた。朗読劇は二階堂と目高を描いた4編をもとに中屋敷法仁によるオリジナル脚本で展開され、目高役を梶裕貴、二階堂役を小野賢章が演じる。

梶、小野からはコメントが到着。梶は「朗読するにあたり、和山やま先生『夢中さ、きみに。』を拝読。いやはや、センスの塊。最高に面白かったです! 原作の何とも形容し難い絶妙な空気感を、声と芝居で形にできれば」、小野は「このお話をいただく前から『女の園の星』そして『夢中さ、きみに。』を読んでいたので、この機会を頂けてとても光栄です。『明くん』と『二階堂モード』、楽しく演じ分けられたらなと思います。応援よろしくお願いします」とそれぞれ語っている。なお朗読劇は魔法びんメーカーのサーモスによって企画された。

梶裕貴(目高優一役)コメント

梶裕貴

梶裕貴[拡大]

この度は、サーモスさんの素敵な企画に参加させていただき、とても嬉しく思います。朗読するにあたり、和山やま先生「夢中さ、きみに。」を拝読。いやはや、センスの塊。最高に面白かったです! 原作の何とも形容し難い絶妙な空気感を、声と芝居で形にできれば。楽しみながら目高優一を演じさせていただきます! 画面の向こうの皆さんに、クスッとした笑いとホッとするひとときをお届けします。(男子小学生以外)

小野賢章(二階堂明役)コメント

小野賢章

小野賢章[拡大]

この度、朗読劇で二階堂を演じさせていただきます、小野賢章です。このお話をいただく前から『女の園の星』そして『夢中さ、きみに。』を読んでいたので、この機会を頂けてとても光栄です。「明くん」と「二階堂モード」、楽しく演じ分けられたらなと思います。応援よろしくお願いします。

この記事の画像(全7件)

THERMOS Presents 生朗読劇「夢中さ、きみに。」

サーモス公式YouTubeチャンネルにて2021年3月7日(日)18:00~ライブ配信

出演者:梶裕貴(目高優一役)、小野賢章(二階堂明役)
脚本:中屋敷法仁
原作:和山やま「夢中さ、きみに。」(ビームコミックス / KADOKAWA 刊)
主催:サーモス株式会社

全文を表示

和山やまのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 和山やま / 梶裕貴 / 小野賢章 / 中屋敷法仁 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。