復讐に燃える宇宙犬・ライカが、仲間を連れて地球へ…吉田真百合「ライカの星」

396

吉田真百合の単行本「ライカの星」が、本日2月15日に発売された。

「ライカの星」

「ライカの星」

大きなサイズで見る(全7件)

1957年、ソ連の実験によって宇宙船スプートニク2号に乗せられ、宇宙に放たれた犬・ライカ。彼女は冷たい暗闇の中で命を失うが、突如として現れた神によって新しい体、そして暮らしていく星を与えられる。人間への復讐に燃えるライカは、種を増やし文明を作り、やがて仲間を連れて母星・地球へと降り立つが……。ハルタ(KADOKAWA)で連載された。単行本は「さようなララバイ」「愛の焦土」「改定着陸」という3本の読み切りも収録され、全224ページで届けられた。

この記事の画像(全7件)

吉田真百合のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 吉田真百合 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。