暗号を見ると興奮する女教師“暗号先生”が謎の数々に嬉々として挑む、新刊1巻

47

関崎俊三がヤングエース(KADOKAWA)で連載する「安堂鍵乃子の暗号事件簿」1巻が、本日12月4日に発売された。

「安堂鍵乃子の暗号事件簿」1巻帯なし

「安堂鍵乃子の暗号事件簿」1巻帯なし

大きなサイズで見る(全2件)

「安堂鍵乃子の暗号事件簿」は、暗号を解くと絶頂を迎えるという大学の准教授“暗号先生”こと安堂鍵乃子が、日々舞い込んで来る暗号解読の依頼に嬉々として挑むミステリー作品。女教師が大好きという少し変態じみた性癖を持つ大学生・片瀬大が謎の暗号が書かれた張り紙を見つけ、それを暗号先生のもとに持ち込んだことから物語は始まる。ひょんなことから彼女の助手をすることになった大は、先生と一緒に「ルーン文字」「フリーメイソン暗号」「アクロスティック」など様々な暗号と出会う。

この記事の画像(全2件)

関崎俊三のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 関崎俊三 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。