ミュージカル「封神演義」新作を10月から東京・大阪で、橋本祥平らが続投

1118

藤崎竜「封神演義」を原作とした舞台「ミュージカル封神演義‐開戦の前奏曲(プレリュード)‐」が、10月23日から11月2日に東京・品川プリンスホテル ステラボール、11月6日から8日にかけて大阪・ COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて上演される。そのキャスト・スタッフ、メインビジュアルが公開された。

「ミュージカル封神演義‐開戦の前奏曲‐」メインビジュアル

「ミュージカル封神演義‐開戦の前奏曲‐」メインビジュアル

大きなサイズで見る

2019年に上演された第1弾「-目覚めの刻-」では、仙人界より「封神計画」を命じられた太公望が楊ゼンやナタクたちと出会い、さらなる仲間を求めて西岐を目指すまでが描かれた「ミュージカル封神演義」。第2弾となる「‐開戦の前奏曲‐」では、打倒・妲己を掲げた太公望と仲間たちの前に、妲己や聞仲と揃って“金鰲三強”とうたわれた趙公明が新たな強敵として立ちはだかる。

キャストには第1弾から太公望役の橋本祥平、楊ゼン役の安里勇哉、ナタク役の輝山立、妲己役の石田安奈らが続投。宮本弘佑荒木健太朗吉原秀幸大平峻也畠中洋も第1弾と同キャラクター役で引き続き出演する。また黄天化役は陳内将に代わり太田将熙、黄飛虎役は高松潤に代わり宮川智之が新キャストとして名を連ねた。さらに第2弾の新キャラクターとして趙公明役で平野良、殷郊役で長江崚行、殷洪役で田口司、姫発役で松井健太が登場する。なお脚本は舞台「嫌われ松子の一生」などを手掛けた葛木英、演出は前作に引き続き吉谷光太が担当することも明かされた。

今回の発表に併せ、橋本、安里、大平、平野、畠中のキャスト4名、葛木、吉谷のスタッフ2名からコメントが到着。橋本は「初演から約1年半が経ち、新たな物語を歩ませて頂く事となりました。共に魂を削り作品を作ってきた仲間、そして新たな仲間と今度はどんな旅が待っているのか...想像するだけでワクワクが止まりません」と喜びを伝え、安里は「太公望師叔を演じる祥平に引っ張ってもらいながら、時に支えて、みんなで旅を楽しみながら最高の作品を観てくださる皆さんに届けます」と意気込みを寄せている。

またチケットは、イープラスにて9月16日までオフィシャル最速先行予約を受付中。なおチケットには「オールキャスト集合!封神会議」の限定配信シリアルコードとポストカードが、劇場にて配布される特典として用意された。

葛木英(脚本)コメント

舞台の魅力は人の持つ可能性を広げてくれることだと思っています。第一弾の舞台を拝見して、なんて迫力があって、舞台愛の詰まったエンターテインメントなんだろうと感じました。今作でも太公望の風は、心の中の嫌な事全部吹き飛ばしてくれると信じています。あと、普段はこういうことを言わないようにしているのですが...早く趙公明様に会いたいです。

吉谷光太郎(演出)コメント

壮大でファンタジックに描かれた物語の舞台を前回に引き続き演出させて頂きます。めくるめく幻想物語を悠久の音楽に乗せ、まるで漫画や書物のページをめくるように展開させます。そしてまるで宝貝(パオペエ)を使用したかのような演出を致します。原作から時を経て「今」という時、生で表現する意味をお見せしたいと思います。どうぞ有限な舞台空間の無限の可能性をお楽しみください。

橋本祥平(太公望役)コメント

初演から約1年半が経ち、新たな物語を歩ませて頂く事となりました。共に魂を削り作品を作ってきた仲間、そして新たな仲間と今度はどんな旅が待っているのか...想像するだけでワクワクが止まりません。たくさんの方が封神演義と青春を共にしたと思います。もう一度皆様の青春を背負わせて頂き、更にたくさんの方に魅力をお届け出来る様に作品と真剣に向き合いたいと思います。劇場でお待ちしております。

安里勇哉(楊ゼン役)コメント

また楊ゼンを演じられること、「ミュージカル封神演義」の世界に帰って来られたことを嬉しく思います。-目覚めの刻-を経て今回はどんなことが巻き起こるのか。僕自身とても楽しみです。太公望師叔を演じる祥平に引っ張ってもらいながら、時に支えて、みんなで旅を楽しみながら最高の作品を観てくださる皆さんに届けます。どうぞ楽しみにしててください。よろしくお願いします。

大平峻也(申公豹役)コメント

「ミュージカル封神演義」第二弾!!という事で、引き続き「申公豹」を演じさせていただける事を心から光栄に思います。初演を共に作り上げてきた仲間と、そして新たにここで出会う仲間と共に、また楽しみながらこの作品と向き合っていきたいと思っております。皆さま!!僕演じる申公豹と共に「ミュージカル封神演義」が織りなす物語を共に傍観し、共に楽しんで頂けたらと思います。

平野良(趙公明役)コメント

何を隠そう、封神演義、と言いますか藤崎竜先生の大ファンです。幼い頃からフジリューワールドに魅せられ、短編含め何度読み返したか分かりません。封神演義は外伝に至るまでしゃぶり尽くしています。一風変わっていてギャグ要員、強敵でもあり圧倒的な存在感を放つ趙公明を演じる事ができ、夢のようです。芝居は勿論、歌も戦いも、華やかに賑やかに麗しく、作品に彩りを加えられるよう頑張ります。

畠中洋(聞仲役)コメント

最年長として再び参加させていただきます!前回の聞仲も相当弾けましたが、今回もフルパワーで暴れます!大事なことなので二度申し上げますが最年長です(笑)。若い皆さんに必死についていきつつ、封神演義の世界を楽しみたいと思っています!エンタメ界も少しずつ動き出しましたがまだまだ油断はできません。どうか皆様もお気をつけてお過ごしください!劇場でお待ちしております!

「ミュージカル封神演義‐開戦の前奏曲‐」

公演日程

期間:2020年10月23(金)~11月2日(月)
会場:東京都 品川プリンスホテル ステラボール

期間:2020年11月6日(金)~11月8日(日)
会場:大阪府 COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

スタッフ

脚本:葛木英
演出:吉谷光太郎
音楽:tak
音楽監督・歌唱指導:水野里香
振付:MAMORU
アクション監督:奥住英明(T.P.O. office)
美術:松本わかこ
照明:吉川ひろ子
音響:山本浩一
衣裳:新朋子(COMO Inc. )
ヘアメイク:西村裕司(earch)
演出助手:國重直也
舞台監督:松下清永
宣伝美術:DAIGO
宣伝写真:岩崎真平

キャスト

太公望:橋本祥平
楊ゼン:安里勇哉
ナタク:輝山立
黄天化:太田将熙
武吉:宮本弘佑
黄飛虎:宮川智之
太乙真人:荒木健太朗
四不象(操演):吉原秀幸
妲己:石田安奈
殷郊:長江崚行
殷洪:田口司
姫発:松井健太
申公豹:大平峻也
趙公明:平野良
聞仲:畠中洋

アンサンブル:佐藤優次、山崎翔太、浅川文也、千大佑、平澤佑樹、安久真修、熊田愛里、若松春奈

※ナタクのナは口へんに那、タクは口へんに託のつくり、楊ゼンのゼンは晋の旧字体に戈、山崎翔太の崎は立つ崎が正式表記。

全文を表示

関連記事

藤崎竜のほかの記事

リンク

(c)安能務・藤崎竜/集英社 (c)「ミュージカル封神演義‐開戦の前奏曲‐」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 藤崎竜 / 橋本祥平 / 安里勇哉 / 輝山立 / 太田将熙 / 宮本弘佑 / 荒木健太朗 / 吉原秀幸 / 長江崚行 / 田口司 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。