他人には見えない存在が見える青年を描くファンタジー「エンド・オブ・バロル」

142

空倉シキジの新連載「エンド・オブ・バロル」が、本日6月27日発売の月刊コミックZERO-SUM8月号(一迅社)にてスタートした。

「エンド・オブ・バロル」扉ページ

「エンド・オブ・バロル」扉ページ

大きなサイズで見る(全2件)

「エンド・オブ・バロル」は、物心ついた頃から化物の存在が見えてしまう主人公・菊池晴(ハル)を描くファンタジー。周りには見えない存在が自分だけに見えてしまうことに気付いてから、ハルは自分が何者なのかもわからず、ただ化物を避けながら過ごしていた。そんなある日、ハルはは帰宅途中に化物に襲われ、路地裏に飛ばされてしまう。そこで美しい人の姿をした聖獣オリンパスを呼び出してしまい……。

そのほか今号では、KLabGames原案による遊行寺たま「禍つヴァールハイト ひとつきりの魔導書」、尾羊英「災禍の神は願わない」が最終回を迎えた。

この記事の画像(全2件)

遊行寺たまのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 遊行寺たま の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。