安彦良和がゆうばり映画祭のビジュアル描き下ろす、「メロン熊にやられました」

5408

安彦良和が「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」のキービジュアルを描き下ろした。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」キービジュアル

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」キービジュアル

大きなサイズで見る

ビジュアルには石ノ森章太郎によってデザインされた同映画祭のマスコットキャラクター・シネガーと、夕張から生まれたキャラクター・メロン熊、さらに組み合う2体を前に逃げ惑う人たちが安彦によって描かれている。また同映画祭実行委員長の上田博和氏と安彦からはコメントも到着。上田氏は「映画人と映画を愛するファンの方々、すべての方々にファンタスティックと感じてもらえるようなメインビジュアルをお願いするには、同じ北海道出身であるレジェンドの安彦先生をおいてはいないと思い、事務局の総意で先生にご依頼した」とオファー理由について語った。安彦は「メロン熊にやられました。『絶対描く』と心に決めて描きました。こんなのがいたんですね、夕張には」と話し、「ほかにも魅力一杯の夕張。負けるな!(コロナにも!)」とエールを送っている。

新型コロナウイルス感染予防、および拡散防止のため北海道夕張市内での開催を中止し、オンラインにて行われる「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」。なお日程についても発表され、9月18日から22日までの期間で開催される。上映形態などの詳細は追って告知される予定だ。

安彦良和コメント

メロン熊にやられました。「絶対描く」と心に決めて描きました。こんなのがいたんですね、夕張には。ゆるくない(これ、もしかして北海道弁?)ゆるキャラ。北海道出身者なのに知りませんでした。ほかにも魅力一杯の夕張。負けるな!(コロナにも!)

上田博和(実行委員長)コメント

北海道発の<世界で一番、楽しい映画祭>を目指し、映画人と映画を愛するファンの方々、すべての方々にファンタスティックと感じてもらえるようなメインビジュアルをお願いするには、同じ北海道出身であるレジェンドの安彦先生をおいてはいないと思い、事務局の総意で先生にご依頼した

安彦良和のほかの記事

リンク