くれよんカンパニー、新連載は家族を題材にしたミステリー「世界は半分になった」

50

くれよんカンパニーによる新連載「世界は半分になった」が、発売中のビッグコミックオリジナル10号(小学館)でスタートした。

「世界は半分になった」より。

「世界は半分になった」より。

大きなサイズで見る(全3件)

「世界は半分になった」は家族を題材にしたミステリー。観音様に見守られている町で、双子の子供たちと暮らす父親・時生が、得体の知れない恐怖から家族を守ろうとする姿を描いていく。「君の大声を聞いたことがない」の著者による新境地に注目だ。

この記事の画像(全3件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。