エスふしぎ特集で市川春子ら語る、石黒×中村佑介の対談も

32

本日9月15日に発売された季刊エスVol.32(飛鳥新社)では「まかふしぎききかいかい」と題し、伝奇的なストーリーやダークファンタジーなど、奇妙で不思議な世界観を持つ作品の特集が組まれている。

季刊エスVol.32

季刊エスVol.32

大きなサイズで見る

特集では「虫と歌」の市川春子、「青の祓魔師(エクソシスト)」の加藤和恵、「ヒピラくん」の木村真二らのインタビューを掲載。市川は自身の描くものを「不思議なもの」としては捉えていないと語り、「日常の延長にあるものとして『変なものが出てくるかもしれないけど、もしかしたら隣の人もそうかもしれない』という距離感で描いている」とコメントしている。また加藤は「青の祓魔師」の誕生秘話を明かし、アイデアメモからプロット、ネーム、完成原稿に至るまでの制作過程を披露した。

さらに久米田康治の画業20周年を記念したインタビューも。「どんどん欲がなくなってきている。アンケートや新人の新連載も気にならなくなった」と漫画家人生を振り返り、新装版が刊行されている「かってに改蔵」のネーム、下絵など貴重なメイキング資料も公開している。

このほか上條淳士村田蓮爾の対談や浅田弘幸のイラストなども掲載。なお中村佑介の新連載「シゴトバ探訪」がスタートしており、第1回のゲストとして中村の大学時代の同級生だという石黒正数が登場。石黒の仕事場の様子が紹介されている。

市川春子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 市川春子 / 久米田康治 / 加藤和恵 / 上條淳士 / 村田蓮爾 / 石黒正数 / 浅田弘幸 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。