売野機子の「短篇劇場」がコミックビームで始動、第1回は元人気俳優の物語

496

本日4月11日に発売された月刊コミックビーム5月号(KADOKAWA)にて、売野機子による短期集中連載「売野機子短篇劇場」と、中憲人「シールの赤ちゃん」の新連載2本がスタートした。

「売野機子短篇劇場」第1回「まりすのせいなる墓あらし」の扉ページ。

「売野機子短篇劇場」第1回「まりすのせいなる墓あらし」の扉ページ。

大きなサイズで見る(全20件)

毎号読み切りを発表していく「売野機子短篇劇場」の第1回として掲載されたのは、子役出身で元人気俳優の青年を主人公にした「まりすのせいなる墓あらし」。酒のトラブルによって番組を次々と降板になり、事務所も解雇されてしまった青年は、過去に自分が芝居で演じていたキャラクターと夜な夜な夢の中で出会うことになる。

「シールの赤ちゃん」より。

「シールの赤ちゃん」より。[拡大]

一方「シールの赤ちゃん」は粘着力が弱く、自由に動き回ることができるシールの赤ちゃんが世界を冒険する様子を描くショート。今号には一挙に2話が掲載されている。

また今号には詩野うら、Fuki、イマイマキ、Perico成家慎一郎、にくまん子の短編を収めた別冊「コミックビーム Fresh」も付属しているほか、ひうち棚の読み切り「夏休み」も掲載。5月12日発売の次号月刊コミックビーム6月号では、須藤真澄の新連載「おさんぽマスターズ」が始動する。

この記事の画像(全20件)

関連記事

売野機子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 売野機子 / 中憲人 / Perico / 成家慎一郎 / 須藤真澄 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。