「OBSOLETE」5.1ch上映、アニメ制作会社トークなど「TAAF2020」プログラム第1弾

95

3月13日から16日にかけて東京・池袋で開催される「東京アニメアワードフェスティバル2020(TAAF2020)」の第1弾プログラムが発表された。

「東京アニメアワードフェスティバル2020」メインビジュアル (c)TAAFEC. All Rights Reserved.

「東京アニメアワードフェスティバル2020」メインビジュアル (c)TAAFEC. All Rights Reserved.

大きなサイズで見る(全5件)

「東京アニメアワードフェスティバル」は、アニメーション文化と産業の振興に寄与することを目的とした国際アニメーション映画祭。全世界対象の長編・短編アニメーションのコンペティションに加え、アニメ作品の劇場上映やトークイベントが行われる。

「OBSOLETE(オブソリート)」キービジュアル (c)PROJECT OBSOLETE

「OBSOLETE(オブソリート)」キービジュアル (c)PROJECT OBSOLETE

このたび第1弾プログラムとして、虚淵玄が原案・シリーズ構成を務めるオリジナルフルCGアニメ「OBSOLETE(オブソリート)」の池袋HUMAXシネマズでの5.1ch上映が決定。併せて山田裕城監督、白土晴一監督、音楽を手がけるTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDの石川智久によるトークショーも行われる。

またサンシャインシティ噴水広場では「アニスタTAAF2020」と題した、アニメ制作会社によるステージイベントも実施。WIT SUDIOがTVアニメ「ヴィンランド・サガ」、MAPPAがTVアニメ「恋とプロデューサー~EVOL×LOVE~」、コミックス・ウェーブ・フィルムが新作「おしえて北斎! -THE ANIMATION-」にフィーチャーしたトークを行うほか、CloverWorksのステージも予定されている。そのほかサンシャインシティ噴水広場では、TVアニメ「GO!GO!アトム」のキャラクターグリーティングも決定した。

第1弾プログラムのチケットはPassMarketで受付中。「『OBSOLETE(オブソリート)』5.1ch上映&スタッフトークショー」は1500円、「アニスタTAAF2020」および「GO!GO!アトム ミート&グリート」は無料イベントとなる。またコンペティション部門の通し券も販売されている。

※3/2追記:新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、3月13日(金)~16日(月)に予定していた「東京アニメアワードフェスティバル2020(TAAF2020)」の全プログラムは開催中止となりました。

この記事の画像(全5件)

関連記事

リンク