コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

「ディエンビエンフー」連載終了、続きは描き下ろしで

50

本日7月24日に発売された月刊IKKI9月号(小学館)にて、西島大介「ディエンビエンフー」と内田百間原作、一條裕子作画「阿房列車」の連載が終了した。

「ディエンビエンフー」の連載は今号の第47話で終了となったが、第48話は描き下ろしで10月頃発売予定の単行本8巻に収録され、以降も物語は続く予定。「阿房列車」の連載も一旦は終了となるが、「百聞先生と山系君の旅は終わりません」とあることから、今後も形式は違えど作品は発表されていく模様だ。

なお今号の編集後記によると、「新たなる局面に向けて舵を切」るため、「いくつかの作品を描き下ろしの単行本に移行」すると同時に、「本誌スリム化を計」るとのこと。「ディエンビエンフー」「阿房列車」の連載終了もこの一環と考えてよさそうだ。また「さらなる大きな『企て』をしている」ということなので、期待して続報を待っていよう。

また今号では、オノ・ナツメ「さらい屋五葉」が最終回を迎えた。完結巻となる8巻は9月末に発売される予定。またドラマCDも10月22日に発売されることが決定した。ドラマCDではTVアニメに登場しなかった立花伊蔵が登場すると、オノのブログで発表された。

コミックナタリーをフォロー