コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「魔術士オーフェン」場面カット到着、水野麻里絵・渕上舞のコメントも

704

TVアニメ「魔術士オーフェンはぐれ旅」より。

TVアニメ「魔術士オーフェンはぐれ旅」より。

2020年1月放送開始のTVアニメ「魔術士オーフェンはぐれ旅」より、場面カットが公開された。

場面カットではオーフェンとともに旅に出ることになるクリーオウ、マジクの2人や、お馴染みの赤いハチマキ姿に加え、スーツを着込んだオーフェンの姿が登場。大きなぐるぐるメガネの印象的なドーチンとその兄・ボルカンの姿も見ることができる

ボルカン役の水野麻里絵、ドーチン役の渕上舞からはコメントも到着。水野は「声優というお仕事をまだ知らない頃に観ていた作品に、今こうして声優として関われるなんて…こんな素敵なことってあるんだ!と感動しています」と喜びを述べ、渕上は「シリアスな展開も多い中、彼らの登場シーンはクスリと笑える場面が多くて。ある意味オアシス的な存在なのではないかと思っています(笑)」とコメントを寄せた。

1994年に原作小説の第1巻が刊行され、1998年と1999年の2度にわたってアニメ化された「魔術士オーフェン」。「魔術士オーフェンはぐれ旅」ではアニメーション制作をスタジオディーンが務め、監督を浜名孝行、シリーズ構成を吉田玲子、キャラクターデザインを吉田隆彦が担当する。

水野麻里絵(ボルカン役)コメント

声優というお仕事をまだ知らない頃に観ていた作品に、今こうして声優として関われるなんて…こんな素敵なことってあるんだ! と感動しています。ボルカンは、いつもオーフェン達や弟のドーチンに面倒事ばかりもってくる問題児です(笑)しかしどんな時でも全く変わらないところが彼の魅力の一つだと思います。ファンの皆さん!初めましての皆さん!一緒に楽しみまくりで盛り上がりし殺すぞー!(笑)宜しくお願いします!

渕上舞(ドーチン役)コメント

大きなぐるぐるメガネが印象的なドーチン。猪突猛進な兄・ボルカンと共に、オーフェンの行く先々に現れるコミカル部隊です! シリアスな展開も多い中、彼らの登場シーンはクスリと笑える場面が多くて。ある意味オアシス的な存在なのではないかと思っています(笑)個人的にも久しぶりの男の子役ということで気 合いも十分!お楽しみに!

TVアニメ「魔術士オーフェンはぐれ旅」

2020年1月放送開始予定

スタッフ

原作:秋田禎信(TOブックス刊)
イラスト:草河遊也
監督:浜名孝行
シリーズ構成:吉田玲子
キャラクターデザイン:吉田隆彦
色彩設計:桂木今里
美術監督:荒井和浩
撮影監督:近藤慎与
音響監督:平光琢也
編集:小野寺桂子
プロデュース:GENCO
アニメーション制作:スタジオディーン

キャスト

オーフェン:森久保祥太郎
クリーオウ:大久保瑠美
マジク:小林裕介
ボルカン:水野麻里絵
ドーチン:渕上舞
チャイルドマン:浪川大輔
アザリー:日笠陽子
レティシャ:伊藤静
ハーティア:坂泰斗
コミクロン:安田陸矢
フォルテ:前野智昭

(c)秋田禎信・草河遊也・TOブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅 製作委員会

コミックナタリーをフォロー