元寇の戦いを描いた「アンゴルモア 元寇合戦記」舞台は博多へ、続編1巻

55

たかぎ七彦がKADOKAWAのWebマンガサイト・ComicWalkerで連載する「アンゴルモア 元寇合戦記 博多編」1巻が、本日7月26日に発売された。

「アンゴルモア 元寇合戦記 博多編」1巻

「アンゴルモア 元寇合戦記 博多編」1巻

大きなサイズで見る

「アンゴルモア 元寇合戦記」は、文永11年(1274年)に対馬で巻き起こった蒙古襲来事件・元寇を題材にした歴史マンガ。「博多編」では蒙古との戦いに敗れた主人公・朽井迅三郎らのその後を描く物語だ。蒙古から逃れ山中に身を隠す島民たちが食料不足に陥り、その情況を打破すべく朽井が蒙古の船に密航し、博多へと向かう。

たかぎ七彦のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 たかぎ七彦 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。