コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「アンゴルモア」制覇困難な対馬ラリー企画、小野友樹やLynn登場のイベントも

156

たかぎ七彦原作によるTVアニメ「アンゴルモア元寇合戦記」のデジタルスタンプラリーが、作品の舞台となった長崎の対馬で2月23日から3月20日にかけて開催される。

このデジタルスタンプラリーは、アニメツーリズム協会が選ぶ「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」に対馬が選定されたことを記念して開催。チェックポイントは13カ所存在し、広い島内を巡るのは非常に困難なことから「一所懸命スタンプラリー」と名付けられた。コースは5つに分かれており、達成者にはそれぞれ異なる賞品が用意されている。

「迅三郎コース」ではメインキャスト9名のサイン入り台本と対馬特産品セットが抽選で1名に、「輝日コース」では「非売品 一所懸命手ぬぐい」が抽選で25名に、「鬼剛丸コース」では対馬限定イラストポスター4種セットと対馬の特産品が抽選で5名に、「長嶺コース」では原作者・たかぎ直筆サイン入りオリジナル扇子が抽選で3名に、「宗助国コース」ではキャラクターと一緒に写真が撮れるクリアポストカード5種セットが先着で200名にプレゼントされる。また5コース13カ所を制覇した人には、限定壁紙と認定証を漏れなく進呈。それぞれのコースのチェックポイントなど詳細は、アニメ公式サイトで確認を。

また開催初日となる2月23日には、原作者たかぎ、主人公・朽井迅三郎を演じた小野友樹、輝日を演じたLynnを招いたキックオフイベントが対馬市厳原町・ふれあい処つしまにて実施される。観覧は無料で、定員は先着20名。イベントへの参加希望は、当日15時より同施設の観光の間入口にて受け付けを行う。

(c)2018 たかぎ七彦/KADOKAWA/アンゴルモア元寇合戦記製作委員会

コミックナタリーをフォロー