コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「海獣の子供」渡辺歩が“脆くて儚い”芦田愛菜らの声の魅力語る、稲垣吾郎も称賛

998

左から稲垣吾郎、浦上晟周、芦田愛菜。

左から稲垣吾郎、浦上晟周、芦田愛菜。

五十嵐大介原作による劇場アニメ「海獣の子供」の初日舞台挨拶が、本日6月7日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、安海琉花役の芦田愛菜、海役の石橋陽彩、空役の浦上晟周、安海正明役の稲垣吾郎渡辺歩監督が登壇した。

公開初日を迎え、ステージに登壇した芦田は「等身大の14歳を感じたままに演じさせていただくことができました」と挨拶。好きな場面として琉花と海が出会うシーンを挙げ、「久石(譲)さんが作ってくださった楽曲で盛り上がって、これから何かが始まるのかもしれないという琉花の期待感や高揚感がすごく表現されていて。皆さんにもその映画の雰囲気を好きになっていただけたらうれしい」と言葉にした。

完成された映像を観て「圧倒された」と言う浦上。「後半にかけての盛り上がりが本当にすごいので、ぜひ注目していただきたい」と期待を煽る。「学校のお友達と一緒に映画を観に行く約束をしました」と話す石橋は「まだ映画館では観ていないので、映画館ならではの臨場感を感じたい」と続けた。

すべてのキャラクターに対し、「これ以上ないくらいぴったりの人にお願いできた」と明かす渡辺監督。その中でも芦田、石橋、浦上については「ブースで声を聴いていると『なんて脆くて儚いものを持っているんだろう』と胸を打たれました。明日は違うかもしれないという期待と不安を持ったこの瞬間を、映画に記録するしかないと思った」と振り返る。稲垣も「僕もデビューは14歳のときでしたけど、こんなにしっかりしてなかったな。儚さもありますが、我々にはない強さや、限りない永遠の可能性も感じました」と3人を称えた。

「芦田愛菜ちゃんのお父さんの稲垣吾郎です」と挨拶し、客席の笑いを誘った稲垣。妻の安海加奈子役を演じ、先日南海キャンディーズの山里亮太との結婚を発表したばかりの蒼井優の話題になると、「お似合いの2人だと思います。会見も観させてもらいましたけど、山ちゃんカッコいいな!と思いました。末永く2人の幸せをお祈り申し上げます」と蒼井と山里へ祝福のメッセージを贈った。

最後に稲垣は「自分も宇宙の一部なんだと、自分自身を認めさせてくれるような、それぞれの人生を後押ししてくれるような優しい作品。“体感型”の映画なので、大きなスクリーンで全身で感じていただきたい」とアピール。芦田は「この映画を体全体で感じて、その感じたことを大切にしてほしいです」と語りかけた。

(c)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

コミックナタリーをフォロー