コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

岩明均×室井大資が数奇な運命の少女剣士を描く、「レイリ」最終6巻

104

岩明均原作による室井大資「レイリ」の最終6巻が、本日5月8日に発売された。

「寄生獣」「ヒストリエ」の岩明と「秋津」などで知られる室井がタッグを組み、別冊少年チャンピオン(秋田書店)で連載していた「レイリ」。百姓の娘ながら戦国武将・武田信勝の影武者として生きることになった、少女・レイリの姿が描かれている。最終巻では織田信長の軍勢が甲斐の武田討伐を開始。武田信勝とレイリが最後の抵抗を試みる。

沢考史(「レイリ」担当編集、現秋田書店取締役編集局長)コメント

巨匠・岩明均と鬼才・室井大資の奇跡のコラボ作品「レイリ」が6巻で完結しました。
「死にたがり」の少女は武田vs織田激突する戦国の大河を渡り、何を見出したのか?
戦国漫画史に残る感動の最終巻をぜひご覧ください!
この完結、「見事!」と呼んでいただけると確信します。

コミックナタリーをフォロー