コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「フェアリーゴーン」「二ノ国」コミカライズが別マガで始動、付録は進撃の缶バッジ

62

「Fairy gone フェアリーゴーン」扉ページ。

「Fairy gone フェアリーゴーン」扉ページ。

TVアニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」と、ゲーム「二ノ国」のコミカライズ新連載が、本日4月9日発売の別冊少年マガジン5月号(講談社)にてスタートした。

アニメ「Fairy gone フェアリーゴーン」は、妖精を分身として出現させ兵器として自在に操ることのできる人間、“妖精兵”が存在する世界を舞台にしたファンタジー。作画は小説「進撃の巨人 LOST GIRLS」のコミカライズを手がけた不二涼介が務める。なおTVアニメはTOKYO MXほかにて放送中。

またレベルファイブ原作・監修によりオリジナルストーリーが展開される「二ノ国 光の後継者と猫の王子」の作画は久世蘭が担当。剣道部に所属する有沢佑は、両親を亡くし、幼い弟・翼と2人の生活を送っている。そんなある日、黒ずくめの謎の男が佑たちの家に訪れて……。

そのほか今号には、付録として諫山創「進撃の巨人」の特製缶バッジを用意。また額縁あいこ「丹沢すだちが此処にイル!」が最終回を迎えた。

コミックナタリーをフォロー