コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

宮野真守&梶裕貴「二ノ国」で山崎賢人との共演に喜び「みんなで支えましょう!」

295

左から日野晃博、宮野真守、梶裕貴。

左から日野晃博、宮野真守、梶裕貴。

劇場アニメ「二ノ国」のステージイベントが、本日3月23日に東京・東京ビッグサイトで催された「AnimeJapan 2019」内にて行われ、ヨキ役の宮野真守、ダンパ役の梶裕貴、製作総指揮と原案・脚本を務めるレベルファイブの日野晃博が登壇した。

「二ノ国」は主人公たちが、ある日突然現実世界と並行する魔法の世界・二ノ国へと引き込まれるところから始まる物語。先月製作が発表されたばかりの同作について、日野は「レベルファイブとして初めてゲームとの関連は考えず、メッセージ性があって、観た人に何かを感じてもらえる、純粋にいい映画を作りたいという気持ちで取り組んでいます」と話す。またこれまでのレベルファイブとは違ったテイストの作品だと述べ、「企画の段階でも物議があったが、非常に攻めている内容で、(青春の)普通の三角関係ではなく、人の命を巡って命を取り合う物語。ジブリテイストの絵、超豪華声優陣、謎がいっぱいのシナリオ、最後のどんでん返しに皆さん驚いていただけると思います」と自信を覗かせた。

ヨキ役の宮野は自身の役柄について「ただの優しい人ではなく、一癖も二癖もあるキャラクター」、ダンパ役の梶は「かわいい見た目のキャラクター」とそれぞれ説明しながら、両者とも演じることが楽しみだと期待を寄せる。すでにシナリオを読んだという宮野は「ファンタジーな世界でかわいい絵なんですけど、ハードで、シリアスで、攻め込んだ内容の超大作で、今からわくわくしています。僕自身、この絵の中に参加できることがうれしいし、皆さんには期待して待っていてほしいです」と観客へアピール。一方の梶はもともと「二ノ国」のゲームのファンだったと言い、「今もテンションが上がってます!(主演を務める)山崎賢人くんともいつか共演したいねと話していたので『二ノ国』で共演できてよかったです」と喜びを語る。「賢人からはアフレコに立ち会ってほしいと言われていたので支えます」と続けると、それに宮野も同調し「みんなで賢人を支えましょう!」と盛り上がった。

またステージにはLINE LIVE限定の声優オーディションを勝ち抜いたせりしゅん、水瀬遥も登壇。2人が緊張気味に意気込みを語ると、宮野は「せっかくの大舞台だから楽しんで収録してくださいね」と優しくアドバイスを贈った。

劇場アニメ「二ノ国」は今夏全国ロードショー。

※山崎賢人の崎は立つ崎が正式表記。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

劇場アニメ「二ノ国」

2019年夏全国ロードショー

スタッフ

原作:レベルファイブ
製作総指揮 / 原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行
音楽:久石譲
アニメーション制作:オー・エル・エム

キャスト

ユウ:山崎賢人
ヨキ:宮野真守
ガバラス:津田健次郎
サキ / ヴェルサ:坂本真綾
バルトン:山寺宏一
ダンパ:梶裕貴

コミックナタリーをフォロー