コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

Project ANIMA第3弾大賞作は“広がり”が決め手、豊永利行は隕石型グッズ提案

255

左から平松岳史、豊永利行、小松未可子、三上枝織、上町裕介。

左から平松岳史、豊永利行、小松未可子、三上枝織、上町裕介。

オリジナルアニメ作品の原作を公募するプロジェクト・Project ANIMAの第3弾「キッズ・ゲームアニメ部門」の大賞授賞式が、本日3月23日に東京・東京ビッグサイトで開催中の「AnimeJapan 2019」にて行われた。

Project ANIMAはDeNA、文化放送、創通、MBSの4社の共同による公募企画で、「SF・ロボットアニメ部門」「異世界・ファンタジー部門」「キッズ・ゲームアニメ部門」の3部門のコンテストを開催。選出された作品はTVアニメ化されるほか、入賞作の書籍化、マンガ化、ゲーム化などが検討される。動画工房がアニメ制作を手がける「キッズ・ゲームアニメ部門」では、大賞を品川一の「メビウス・ダスト」が受賞。本作は2000年2月29日、地球にメビウス隕石群が降り注ぎ、メビウス・ダウトという新物質をもたらすことから物語が始まる。

授賞式にはProject ANIMAと連動した文化放送の番組「エブリスタ・マンガボックス presents 豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部」より、パーソナリティの豊永利行小松未可子三上枝織の3名が登壇。さらに動画工房のアニメーター・平松岳史、総合プロデューサーを務めるDeNAの上町裕介が出席した。「キッズ・ゲームアニメ部門」で一区切りをつける本プロジェクトについて、上町は「回を重ねて、相当仕上がってきたという印象です。ただのコンテストではなく、第1弾、第2弾を通してクリエターたちが成長していくコンテスト」とコメント。また平松は本プロジェクトに参加した経緯を「うちの会社(動画工房)は約45年前からアニメを作ってるんですが、今までの作品ではなかったチャレンジができるのではないかと思い、ぜひと思って参加させていただきました」と語る。

ここで大賞を受賞した品川が登壇。平松は「メビウス・ダスト」について、「さまざまな作品を見させていただいた中で、もっとも画面映えすると思った。アクションシーンなどで、一番アニメーションとして魅力が出せそうという点で選びました」と評価。上町は「MBSの夕方のアニメとかにありそうじゃないですか。劇場版もありそうだし、なんならアニメイトにグッズにも並んでそう。そういった、いろんな広がりを感じさせてくれるのが『メビウス・ダスト』でした。また隕石によって損傷した部分が隕石の力で回復するみたいな、異能バトルという古くからあるジャンルの中でも新しい発明があった」と評する。また「動画工房さんらしくない作品というのも、ギャップがあって楽しみ。動画工房さんの素晴らしい作画で、どうこの作品がよくなっていくか」と述べる。また豊永からは本作のグッズ化について、隕石型のカプセルを売るというアイデアも。上町が「メーカーさんに伝えておきます」と言うと、豊永は「原作料をいただきます(笑)」と冗談交じりに返した。

ここからは豊永、小松、三上が「キッズ・ゲームアニメ部門」に応募した作品の話題に。豊永は“SWAT”という名義で「ふぁい&なんす」、小松と三上は“みつこし”というユニットで「エドマジョ・マジョリカ」を出品した。「ふぁい&なんす」は企画書選考において佳作を受賞。平松は本作について「インパクトが非常に強くて、うちの社長の石黒(竜)も短編でアニメを作れないかなと言っていた。『サザエさん』みたいにABCパートに分けて各5分とか」と展望を語る。また江戸時代と魔法少女をかけ合わせた「エドマジョ・マジョリカ」については「三上さんと江戸時代ということで『超!えどっ娘 天下大変!!』というインターネットラジオ番組を思い出した。そのオマージュもあったのかな」と述べ、三上は「かぶってた……!」と残念がった。

最後に平松は「さまざまな作品を応募していただいて、たくさんアニメ化したいものがあった。『メビウス・ダスト』をいい作品にできるようスタッフ一同がんばります」と意気込む。上町は「Project ANIMAの大会としては終わりますが、これからもアニメ業界を盛り上げていけるように努めます」と宣誓し、授賞式を締めくくった。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

Project ANIMA 第3弾「キッズ・ゲームアニメ部門」入選作品

小説・脚本選考

・金賞:夏目「武器術」
・銀賞:しなののみかん「娯楽放送部」

マンガ選考

・金賞:うえの「深海ライフ」
・銀賞:丸丘「BREMEN」

企画書選考

・金賞:灰原とう「ロボットのモモ」
・銀賞:DJ T-ono a.k.a. 小野利益「たまこれ -Tokyo Music collection-」

コミックナタリーをフォロー