コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

Project ANIMA第3弾、「キッズ・ゲームアニメ部門」大賞受賞作&アニメ化決定

107

オリジナルアニメ作品の原作を公募するプロジェクト・Project ANIMAの第3弾「キッズ・ゲームアニメ部門」の最終結果が発表された。

動画工房がアニメ制作を手がける「キッズ・ゲームアニメ部門」では、大賞を品川一の「メビウス・ダスト」が受賞。最終審査では「『異能バトルもの』として魅力的な設定を持ちながらも普遍的なテーマを内包し、且つキャラクターデザインも優れており、ゲーム化のイメージも湧きやすい」という理由により、本作が大賞作品に選出された。受賞作には副賞として賞金100万円が贈られ、また3月23日に東京・東京ビッグサイトで開催される「AnimeJapan 2019」にて、授賞式が行われる。

Project ANIMAはDeNA、文化放送、創通、MBSの4社の共同による公募企画で、「SF・ロボットアニメ部門」「異世界・ファンタジー部門」「キッズ・ゲームアニメ部門」の3部門のコンテストを開催。選出された作品はTVアニメ化されるほか、入賞作の書籍化、マンガ化、ゲーム化などが検討される。

平松岳史(動画工房)による選評

まず全体の応募に関してなのですが、期待していた「子供達が世界を好きになる、早く大人になりたいと 思わせる」作品は少なく、キッズ部門としては残念に感じました。
『メビウス・ダスト』はダークなストーリー展開となり「キッズ」ではないですが、家族の絆に焦点があてられていたり、腫枝(ラムス)と呼ばれる己の意思で自分の一部分を変形できる能力で熱いバトル展開も期待でき、破壊のあとに新しい息吹がもたらされるこの世界観は、「2020年代を代表するアニメーションを創造する」という本プロジェクトに合う作品だと感じました。作者の方の「こんな作品を作りたかった」という熱い想いの中に、「こうあって欲しい」という願望もあるのではないかと個人的に感じられ、この作品に魅了されました。
そして、他の応募して下さった作品も様々な「ありそうでなかった」ワクワクするアイディアに溢れ、選考時に「どれもアニメ化したい……!」と、最後の最後まで各社審査員の意見が割れ、迷うほどの力作揃いでした。作品からイメージしたいろんな妄想をどう形にして行き、アニメの文法に練り込んでいけるかがカギになると思いますので、スタッフ一同、精一杯頑張っていきたいと思います!

Project ANIMA 第3弾「キッズ・ゲームアニメ部門」入選作品

小説・脚本選考

・金賞:夏目「武器術」
・銀賞:しなののみかん「娯楽放送部」

マンガ選考

・金賞:うえの「深海ライフ」
・銀賞:丸丘「BREMEN」

企画書選考

・金賞:灰原とう「ロボットのモモ」
・銀賞:DJ T-ono a.k.a. 小野利益「たまこれ -Tokyo Music collection-」

コミックナタリーをフォロー