コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

迫力の殺陣満載!舞台「どろろ」東京公演開幕、鈴木拡樹が語る見どころは“家族”

1627

舞台「どろろ」公開ゲネプロより。

舞台「どろろ」公開ゲネプロより。

手塚治虫原作による舞台「どろろ」の東京公演が、本日3月7日に東京・池袋のサンシャイン劇場にて開幕。同日、公開ゲネプロが行われた。

「どろろ」は鬼神によって生まれつき身体の48カ所を奪われた少年・百鬼丸が、どろろという少年とともに、妖怪を退治して身体の部位を取り返していくストーリー。舞台版は後に百鬼丸となる赤子が生まれ、捨てられるところから始まる。白いキツネや鵺(ぬえ)に扮するアンサンブルキャストに取り囲まれた百鬼丸らが繰り返し披露する、激しい殺陣に注目だ。

公開ゲネプロ前には舞台挨拶も実施。放送中のTVアニメ版と同じく百鬼丸を演じる鈴木拡樹は、「『どろろ』という作品が大変愛されていることを、この作品を通じてひしひしと感じております」と述懐する。また「どろろ」がこれまでにも数多くメディア化されていることに触れ、「今回は登場キャラクターが何かしらの“家族”という点でつながっているところを濃く描いた作品になっています。ぜひ家族でも盛り上がっていただけるような公演にしていきたい」と本作の見どころを語った。

どろろ役の北原里英は「今日の天気は残念ながら雨だったんですけど、『どろろ』も傑作ダークファンタジーと呼ばれているだけあり、雨が似合う話になっている」とコメント。「その中でも私が演じるどろろは太陽のような存在。舞台の上では太陽として生きていけるようにがんばっていきたい」と笑顔を見せた。多宝丸役を演じる有澤樟太郎は「数ある舞台の中でも、この『どろろ』は生のよさが前面に出ている。生ならではの迫力や、人間が描く生々しさに注目してほしい」と続けた。

「鈴木さんのファンを公言している私なんですが……」と話す醍醐景光役の唐橋充。「百鬼丸が寂しくて切なくて、いろんなものを背負い込んで、ただただ純粋で。そしてダイナミックに、優しい」と鈴木が演じる百鬼丸から受ける印象を言葉にしていくと、「今後、鈴木・北原版の『どろろ』は最高だったと、伝説になるんじゃないかと今から楽しみ」と期待を寄せた。同作の脚本・演出を手がけた西田大輔は「舞台である意味を考えながら、この名作に携わらせていただきました。例えば暗闇のことを舞台では“暗転”と言うんですが、この舞台ではそれを“暗闇”と捉えていて。暗闇の中でも何か観客の皆さんに訴えかけるものがあるんじゃないかと思います。そのくらい細かく、1つひとつのシーンをみんなと作ってきました」と振り返りながら、「すべてを失った百鬼丸がどろろという太陽と出会って、希望を手に入れていくという物語になれば」と思いを語った。

舞台「どろろ」の東京公演は本日から3月17日まで。3月20日には福岡・ももちパレス、23日には三重・三重県文化会館大ホールにて上演される。なお東京公演の千秋楽は全国の劇場でライブビューイングを実施。さらにCSテレ朝チャンネル1で生放送される。

舞台「どろろ」

大阪公演(※終了)

日程:2019年3月2日(土)~3日(日)
会場:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

東京公演

日程:2019年3月7日(木)~3月17日(日)
会場:サンシャイン劇場

福岡公演

日程:2019年3月20日(水)
会場:ももちパレス

三重公演

日程:2019年3月23日(土)
会場:三重県文化会館大ホール

スタッフ

原作:手塚治虫
脚本・演出:西田大輔
脚本監修:小林靖子

キャスト

百鬼丸:鈴木拡樹
どろろ:北原里英
多宝丸:有澤樟太郎
賽の目の三郎太:健人
仁木田之介:影山達也
助六:田村升吾
琵琶丸:赤塚篤紀
寿海:児島功一
醍醐景光:唐橋充
縫の方:大湖せしる

(c)手塚プロダクション/舞台「どろろ」製作委員会

コミックナタリーをフォロー