コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ジャンフェスで花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞が「キメツ学園」生アテレコ

513

「鬼滅の刃」のステージイベントより、生アテレコの様子。

「鬼滅の刃」のステージイベントより、生アテレコの様子。

吾峠呼世晴原作のTVアニメ「鬼滅の刃」のステージイベントが、千葉・幕張メッセにて開催中の「ジャンプフェスタ2019」にて本日12月22日に開催された。

イベントには竈門炭治郎役の花江夏樹、竈門禰豆子役の鬼頭明里が登場。まずは2人が演じる自身のキャラクター紹介からスタートした。炭治郎について花江が「本当にいい子なんですよ」と噛みしめるように語ると、鬼頭は炭治郎の幸薄そうな感じが好き、と語り笑いを誘う。また炭治郎の妹・禰豆子について花江は「かわいい」を連呼していた。また花江の呼び込みにより、我妻善逸役の下野紘と嘴平伊之助役の松岡禎丞がサプライズ出演。観客たちの声援を浴びて登場した2人は、それぞれ善逸と伊之助について紹介する。

またアニメの新着情報として、この日初出しとなった第2弾キービジュアルを公開。本日登壇している4人のキャラクターが揃ったビジュアルについて、思い思いの感想を述べる。さらに本編シーンをたっぷりと収録した第1弾PVが上映されると、そのクオリティの高さに4人も絶賛の声を上げた。そして花江からは、アニメーション制作を務めるufotableが、実際に雪山でロケハンを行って、風景を忠実に描き起こしているという裏話も飛び出した。

イベント中盤には、冨岡義勇役を務める櫻井孝宏からのコメント映像も披露。花江は発表されていないキャストにも豪華な声優が多数キャスティングされていると語り、下野もこれからのアフレコに対する期待と意気込み述べた。そして番外編の「中高一貫!!キメツ学園物語」を生アフレコするコーナーも。本編とはガラッと雰囲気が変わり、ほのぼのとしたキャラクターのやり取りに、客席からは絶え間なく笑いが起こっていた。

さらにアニメの放送情報、原作の単行本やノベライズなどを告知。松岡、下野、鬼頭、花江がアニメ放送に向けての意気込みが語られた後、アニメ化についての吾峠からメッセージが読み上げられた。TVアニメ「鬼滅の刃」は2019年4日よりTOKYO MX、BS11、群馬テレビ、とちぎテレビほか全20局でオンエアされる。

TVアニメ「鬼滅の刃」

2019年4月よりTOKYO MX、BS11、群馬テレビ、とちぎテレビほか全20局でオンエア

スタッフ

原作:吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:外崎春雄
キャラクターデザイン:松島晃
サブキャラクターデザイン:佐藤美幸、梶山庸子、菊池美花
脚本制作:ufotable
コンセプトアート:衛藤功二、矢中勝、竹内香純、樺澤侑里
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:大前祐子
編集:神野学
音楽:梶浦由記、椎名豪
制作プロデューサー:近藤光
アニメーション制作:ufotable

キャスト

竈門炭治郎:花江夏樹
竈門禰豆子:鬼頭明里
我妻善逸:下野紘
嘴平伊之助:松岡禎丞
冨岡義勇:櫻井孝宏

(c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

コミックナタリーをフォロー