コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「鬼滅」初日に花江夏樹「大画面で観る禰豆子は最高」、下野紘も「禰豆子ちゃーん!」

3902

吾峠呼世晴原作のアニメ「鬼滅の刃 兄妹の絆」の初日舞台挨拶が、3月29日に東京・新宿バルト9にて行われ、竈門炭治郎役の花江夏樹、竈門禰豆子役の鬼頭明里、我妻善逸役の下野紘が登壇した。

「鬼滅の刃 兄妹の絆」は、TVアニメ「鬼滅の刃」の第1~5話から構成された特別上映版。4月からのテレビ放送に先がけて、3月29日より全国11劇場にて2週間限定で上映されている。舞台挨拶にキャスト3人は揃って黒の衣装をまとって登場。下野は善逸をイメージした黄色いパーカーをインした装いで「よ、よ、よろしくお願いします!」と落ち着かない様子で挨拶。花江に「なんだか様子がおかしいですよ」とツッコまれると、「だって俺、(本作の舞台挨拶に参加するのが)初めてなんだもーん!浮かれちゃって!!」と返して、早くも会場に笑いを起こす。

本編を観た感想を、花江は「原作を読んでいて『アニメになったらこうなってほしい』って思っていたものが出ていて、本当に感動した。めちゃくちゃよかったです!」と目を輝かせて語る。鬼頭も「本当に映像も音楽もきれいだし、皆さんのお芝居も素晴らしいし、出来がすごい。家で観ていて何回も何回も泣いてしまって。こんなに泣くことそんなにないのにな、こんな素晴らしいアニメに出れて幸せだな、と……」と、噛み締めた様子で述べた。2人よりは初登場話数が遅い下野は、「そうですね……善逸がそんなに出てなかったかな(笑)」と冗談めかしつつも、「『とんでもねえ作品に出ちまったな』と改めて感じました。映像もすごいし、音楽がばっちりなタイミングで流れるんですよね。これはTVじゃない。劇場で観るのが最高ですね!」と興奮気味。これに花江も「もう、映画ですよね」と頷き、下野は「これをTVアニメでやるのかよって。いやー、『やべえ作品出ちまったな!』って改めて思いました」と続けた。

今回の劇場上映では、5.1chの劇場音響で映像を楽しめる。映画館で観るからこそ、細やかな音もよく聞こえるという話題では、花江が「炭治郎の耳飾りがカーンって響く音が入ってるんですよ。劇場だとよりよく聞こえて、細かいなあって」と紹介。下野も「最終選別で、炭治郎が『どこだ?』って探してるとき、ザザザザっていう音がいろんなところから鳴ってたでしょ。これも劇場ならでは」とディテールの魅力を口にする。また花江が「大画面で観る禰豆子、最高だよね」としみじみ妹愛たっぷりにつぶやくと、下野が「好きすぎだろ!!(笑)まあわかるけどね。そりゃ大画面で観たいさ!!」と、役に重なるようなやり取りをする一幕もあった。

印象的なシーンについて問われると、花江は「炭治郎が手鬼の手を握るシーン。鬼側にもドラマがあるという点で、グッと来るなと思いました」と語り、鬼頭は「炭治郎が錆兎のお面をスパンって切って、優しい表情が映った後に岩が切れているシーン。音楽もすごくいいんですよ。あそこも泣きました、私」とコメント。続いて問われた下野は「禰豆子ちゃんです!」と食い気味に善逸らしい回答。「禰豆子ちゃんが炭治郎をこう(両手を広げ)守ってるところ。家で観ていて、『ウワッ』って小さく声が出ました。あそこは兄妹の絆というか、2人の家族への思いが明確にわかった瞬間」と熱弁したと思いきや、思いが溢れたのか「……禰豆子ちゃーん!!!」と善逸のように絶叫していた。

なお「鬼滅の刃 兄妹の絆」では、TVアニメのオンエアに先がけてオープニング映像も初披露されている。絵コンテは外崎春雄監督が手がけた。キャスト陣はこの日初めてオープニングを観たといい、5話までに登場していないキャラクターや、炭治郎の技もさまざまに盛り込まれているなど、見どころを次々に挙げる。さらに善逸の雷の呼吸もお披露目されていることについて、下野は「まだちゃんと観てなかったので、こういうふうになるんだ!と。本編はもっとすごいと(スタッフに)言われて、『どこにいきたいの!?アタシをどうしたいの!?』」と期待を膨らませた。

また話題はアフレコの裏話へ。緑川光、子安武人といった豪華キャストが配された鬼との戦闘シーンについて、花江は「何度も負けそうって思いましたよね。鬼の皆様のお芝居が魅力的というかめちゃくちゃ圧があって、炭治郎いつ死んでもおかしくないなって(笑)。緊迫感のある中でアフレコができるのは素晴らしいことで。僕も負けないように鬼を倒すんだ!って、アフレコに臨みました」と、画面の外でも戦う心持ちであったことを明かす。また下野は「ベテランの方たちもなんか普段とはちょっと違って、『……緑川さん!?』」って(笑)。近年ではなかなか見ないくらい気合いが入っていました」と、ベテラン声優陣の熱演についてトークを展開。緑川のアドリブが光っているシーンもあるとのことなので、注目しよう。

それぞれの演技については、炭治郎はモノローグも多く、花江は大変だと思うこともあったと言うが、「炭治郎がこれだけがんばってるんだから、そこの気持ちには応えなきゃと思って。気持ちだけは曲げないように、アフレコを毎回がんばってます」とコメント。鬼頭はほぼ人間の言葉をしゃべらない禰豆子について、難しい役どころだと語りつつ、「皆さんの頭の中にある鬼のイメージというか、禰豆子のイメージから逸脱しないように、一生懸命演じさせていただいています」と語る。下野は「現場で花江くんがどう演じているかを知ってから、自分が思っている以上のことをやらないとこれはダメなやつだなと、自分の中で2段階、3段階ギアを上げました」と、キャスト同士が刺激し合っている現場の様子をのぞかせつつ、「『やべえ、俺の喉、どこにいくんだろうな』って思うくらい、いろんなところで叫ばせてもらってます」と、絶叫の多い善逸の演技に触れて会場に笑いを起こす。そんな下野について花江は「いやあ……めちゃくちゃ思いますね。こんなにうるさいんだって。鼓膜破れそうになります」と淡々と続け、下野は「全身の呼吸使わないと無理だもん(笑)。アフレコ中に何度も、あ、俺こんな声出るんだって思うくらい」と、気合いたっぷりな様子をのぞかせた。

最後に吾峠からの手紙が到着し、花江がそれを読み上げる。「アニメ放送前に5話できあがっていて劇場で観られるという異常事態が起きていますが、皆さんご無事でしょうか」と始まり、「この完成度の高さは、スタッフの皆さんの苦労と努力の積み重ねであると思っています。作者はufotableさんにアニメを作っていただけたことに感謝しつつ、悪い顔でニヤリとしております。観てくださった皆さんにも『計画通り』という字幕が付くような悪い顔をして、ニヤリとしていただけたらと思います」と、「DEATH NOTE」のフレーズを引用して締めくくられ、これをキャストたちは「まさかのジャンプネタが入ってましたね」「びっくりしましたね(笑)」と笑顔で受け止めていた。

TVアニメ「鬼滅の刃」はTOKYO MX、群馬テレビ、とちぎテレビ、BS11ほかにて4月6日23時30分より放送開始。

吾峠呼世晴からの手紙(花江夏樹が代読したものの書き起こし)

お疲れ様です。吾峠です。劇場に来てくださった皆様、ありがとうございます。アニメ放送前に5話できあがっていて劇場で観られるという異常事態が起きていますが、皆さんご無事でしょうか。主題歌も『始まるぞ!』とワクワクゲージをマックスにする素晴らしい曲を作っていただきました。アニメ制作は関わる人も多いので、マンガよりもさらにたくさんの作業工程があり大変です。そのような状況において、この完成度の高さは、スタッフの皆さんの苦労と努力の積み重ねであると思っています。作者はufotableさんにアニメを作っていただけたことに感謝しつつ、悪い顔でニヤリとしております。観てくださった皆さんにも『計画通り』という字幕が付くような悪い顔をしてニヤリとしていただけたらと思います。ありがとうございました。

吾峠呼世晴

TVアニメ「鬼滅の刃」

放送情報

TOKYO MX:2019年4月6日より毎週土曜23:30~
とちぎテレビ:2019年4月6日より毎週土曜23:30~
群馬テレビ:2019年4月6日より毎週土曜23:30~
BS11:2019年4月6日より毎週土曜23:30~
読売テレビ:2019年4月8日より毎週月曜25:59~
熊本放送:2019年4月10日より毎週水曜25:58~
広島テレビ:2019年4月10日より毎週水曜26:09~
福岡放送:2019年4月10日より毎週水曜26:24~
新潟放送:2019年4月10日より毎週水曜26:27~
メ~テレ:2019年4月10日より毎週水曜26:29~
高知さんさんテレビ:2019年4月11日より毎週木曜25:25~
テレビ愛媛:2019年4月11日より毎週木曜25:30~
長野朝日放送:2019年4月11日より毎週木曜25:55~
静岡放送:2019年4月11日より毎週木曜26:03~
福島中央テレビ:2019年4月11日より毎週木曜26:14~
札幌テレビ:2019年4月11日より毎週木曜26:34~
四国放送:2019年4月12日より毎週金曜25:56~
ミヤギテレビ:2019年4月12日より毎週金曜25:59~
長崎国際テレビ:2019年4月12日より毎週金曜25:59~
岡山放送:2019年4月13日より毎週土曜26:20~
AT-X:2019年4月8日より毎週月曜日21:00~

配信情報

AbemaTV:2019年4月6日より毎週土曜23:30~
dTV:2019年4月8日より毎週月曜23:30~
dアニメストア:2019年4月8日より毎週月曜23:30~
Amazonプライム・ビデオ:2019年4月8日より毎週月曜23:30~
dアニメストア for Prime Video:2019年4月8日より毎週月曜23:30~
FOD:2019年4月8日より毎週月曜23:30~
バンダイチャンネル:2019年4月8日より毎週月曜23:30~
GYAO!:2019年4月8日より毎週月曜23:30~
ニコニコ生放送:2019年4月8日より毎週月曜23:30~
ニコニコチャンネル:2019年4月8日より毎週月曜23:30~
ひかりTV:2019年4月8日より毎週月曜23:30~

スタッフ

原作:吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:外崎春雄
キャラクターデザイン:松島晃
サブキャラクターデザイン:佐藤美幸、梶山庸子、菊池美花
脚本制作:ufotable
コンセプトアート:衛藤功二、矢中勝、竹内香純、樺澤侑里
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:大前祐子
編集:神野学
音楽:梶浦由記、椎名豪
制作プロデューサー:近藤光
アニメーション制作:ufotable

キャスト

竈門炭治郎:花江夏樹
竈門禰豆子:鬼頭明里
我妻善逸:下野紘
嘴平伊之助:松岡禎丞
冨岡義勇:櫻井孝宏
鱗滝左近次:大塚芳忠
錆兎:梶裕貴
真菰:加隈亜衣
玄弥:岡本信彦
産屋敷耀哉:森川智之
案内役・白髪:井澤詩織
案内役・黒髪:悠木碧
鋼鐡塚:浪川大輔
鎹鴉:山崎たくみ
お堂の鬼:緑川光
手鬼:子安武人

特別上映版「鬼滅の刃 兄妹の絆」

上映劇場

札幌シネマフロンティア、新宿バルト9、シネ・リーブル池袋、横浜ブルク13、川崎チネチッタ、TOHOシネマズららぽーと船橋、MOVIXさいたま、ミッドランドスクエアシネマ、梅田ブルク7、ufotable CINEMA、T・ジョイ博多

(c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

コミックナタリーをフォロー