コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「リィンカーネーションの花弁」9巻限定版にプロトタイプ版第1話収録の小冊子

90

小西幹久「リィンカーネーションの花弁」9巻が2019年1月10日に発売。小冊子「リィンカーネーションの花弁 Zero & One」付きの初回限定版が用意される。

全64ページを予定している小冊子には、プロトタイプ「リィンカーネーションの花弁」第1話を、小西自らの解説付きで収録。プロトタイプ版では、主人公・扇寺東耶のクラスメイトである、灰都=ルオ=ブフェットの性格やデザインが現在とは異なっているほか、灰都の前世が別人、輪廻の枝が別物など、連載版との違いが楽しめる。またプロトタイプ版のキャラクターデザインが掲載されるほか、「『リィンカーネーションの花弁』死蔵設定資料」と題し、未登場キャラククターのデザインや、本編登場キャラクターのデザイン別案を収録。さらに描き下ろし番外編も収められる。全国の書店や通販サイトでは予約を受付中。

「リィンカーネーションの花弁」は、自らの肉体を切り裂き、前世から才能を掘り起こす刃“輪廻の枝”を手にした者たちの物語。月刊コミックガーデンとMAGCOMI(マッグガーデン)にて連載されている。

コミックナタリーをフォロー