コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「GODZILLA」舞台挨拶、宮野真守や櫻井孝宏がゴジラをかわいがる

1574

劇場アニメ「GODZILLA 星を喰う者」のワールドプレミア上映会が、本日11月3日に東京・東京国際フォーラムにて行われた。

舞台挨拶には監督の静野孔文瀬下寛之に加え、ハルオ役の宮野真守、メトフィエス役の櫻井孝宏、ユウコ役の花澤香菜、マイナ役の上田麗奈、ミアナ役の小澤亜李が登壇。予想以上にスモークが強く焚かれたステージにキャスト陣は笑いながら登場し、終始和やかなムードでトークが展開された。

3部作で展開される「GODZILLA」シリーズの最終章となる本作の初披露を前に、宮野は「これが僕たちの見せたかった答え」と力強いコメント。上田は「観て、考えるまでがこの作品の面白いところ」と話し、小澤も「観終わった後に心が支配されてしまって。一緒に観た方と語りたくなるような映画になっています」とアピールした。花澤が「ハルオの生き様をしっかりと見てほしい」と言うとハルオ役の宮野が身を乗り出し、「今じゃないですよ」と司会にツッコミを入れられる一幕も。

ハルオの生きざまについては宮野も「いろいろ考えさせられると思います。たくさん感じてほしいですし、そこに命を込めて演じました」と言及し、ゴジラという強大な存在が襲ってくるどうしようもない世界の中で、1人の男がどう生きたのかという、男らしいストーリーになっていると話した。櫻井は「(「東京国際映画祭」の)レッドカーペットを歩かせていただいて、ゴジラってやっぱりムービースターなんだなと思いました。また新しいゴジラ作品の形だし、この作品があるからこそ生まれるゴジラも将来的に作られるんじゃないかなというくらい、歴史的な出来事だと思います」と語った。

制作で苦労した点を聞かれた監督の静野は「虚淵(玄)さんや瀬下さんから、『静野さんはゴジラをあまり知らないまま参加してくれ』と言われて。関わっていると自然にいろんな知識を得てしまうので、それをどこまで捨て去れるかがチャレンジでした」と明かす。一方、もともとゴジラ作品のファンであるという瀬下は「まずは根本的に(ゴジラは)アニメにできるのかってところから始めて、虚淵さんや静野さんと共に、キャストさんやスタジオの力に助けられながら、なんとかここまで来れました」と感慨深い表情を見せた。

XAIによる主題歌「live and die」の歌唱が行われたあと、イベント終盤には「ゴジラのテーマ」にあわせてゴジラがステージに登場。ゴジラに親しげに話しかける宮野、長い尻尾に興味津々の上田、ゴジラに吠えられて驚く花澤など、キャストはそれぞれ興奮した様子でゴジラと戯れた。「GODZILLA 星を喰う者」は11月9日公開。

映画「GODZILLA 星を喰う者」

2018年11月9日(金)公開

スタッフ

監督:静野孔文瀬下寛之
ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
キャラクターデザイン原案:コザキユースケ
制作:ポリゴン・ピクチュアズ
製作:東宝

キャスト

宮野真守櫻井孝宏花澤香菜、杉田智和、梶裕貴、小野大輔、堀内賢雄、中井和哉、山路和弘、上田麗奈小澤亜李、早見沙織、鈴村健一

(c)2018 TOHO CO., LTD.

コミックナタリーをフォロー