コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「GODZILLA」最終章の舞台挨拶に宮野真守、櫻井孝宏ら登壇「ラストは愛が爆発」

531

劇場アニメ「GODZILLA 星を喰う者」の公開記念舞台挨拶が、本日11月10日に東京・TOHOシネマズ新宿にて開催。ハルオ役の宮野真守、メトフィエス役の櫻井孝宏、ユウコ役の花澤香菜、マイナ役の上田麗奈、ミアナ役の小澤亜李静野孔文監督、瀬下寛之監督が登壇した。

2017年より3部作で展開され、同作で最終章を迎える「GODZILLA」シリーズ。宮野は「ハルオの生き様を観たときに、皆さんハッとすると思います。『生きるってこういうことなのかな』と」と述べながら、ファンの感想を早く聞きたいと今の心境を語った。ハルオのよき理解者であり、軍属神官のメトフィエスを演じた櫻井は「この3部作のラストは愛が爆発しています。スクリーンから漏れ出ているくらい」と表現した。

櫻井が今作に、ストーリー原案と脚本を務めた虚淵玄の色を感じると述べると、静野監督は「非常に強烈なシナリオだったので、そこは一切崩さずに進めていこうと瀬下さんと映像作りに励みました」と語る。また瀬下監督は「当然ギドラ、ゴジラ(が登場する)という壮大な世界観も見どころではあるんですが」と前置きしながら「3部作を通して、人間と人間の関わり、縁が大きなものとつながっていく。地球全体の運命とつながっていると言っても過言ではない。その円環みたいなものも感じながら、ユニークな群像劇を楽しんでいただきたい」と説明した。

午前から数回にわたり行われている舞台挨拶を経て、花澤は「観終わったあとのお客様のポーッとした顔が印象的で。そうなりますよ、皆さん?」とこれから鑑賞する観客の期待を煽る。上田は「揺れ動くハルオに影響されて、私たち(の演技)も変わっていきました」と宮野の演技から受けた刺激を明かし、小澤は「台本を読むと胸が苦しくなりましたが、監督たちがフレンドリーで。そのかわいらしさが心を軽くしてくれました」と振り返った。

イベントでは予告編に登場するいくつかのシーンを振り返りながらトークを展開。最後に宮野は自身も子供のときから触れていた「ゴジラ」シリーズについての愛を述べ、本作に込めた熱い思いを語りながら「全世界に広がっていってほしい、それくらい自信を持ってお届けできる作品です」とアピールした。

劇場アニメ「GODZILLA 星を喰う者」は全国で公開中。

(c)2018 TOHO CO., LTD.

コミックナタリーをフォロー