コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ジブリ美術館で「映画を塗る仕事」展、彩色による表現を当時のセルで伝える

672

三鷹の森ジブリ美術館が、11月17日より企画展示「『映画を塗る仕事』展」を開催する。

「『映画を塗る仕事』展」は高畑勲監督、宮崎駿監督が作品で表現してきたものを、彩色の面にフォーカスを当てて紐解こうとするもの。多くのジブリ作品で色彩設計を務めた保田道世氏の手腕を中心に、当時のセルを用いながら、両監督のこだわり、スタッフの知恵と工夫を紹介する。ジブリ美術館は「デジタルによる着彩やCGによる画面作りが主流になった昨今、セル絵の具による限られた色数の中で、監督からの要求に最大限に答える努力を惜しまなかったスタッフの知恵と工夫を間近に見ていただき、色で“何が表現されたのか”を感じ取っていただければと思います」と同展のねらいを述べた。

なおジブリ美術館の入場は日時指定の予約制。11月入場分のチケットは、10月10日より全国のローソンにて発売される。

(c)Studio Ghibli (c)Museo d'Arte Ghibli

コミックナタリーをフォロー