コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

三蔵法師の称号巡る「最遊記歌劇伝-異聞-」開幕、田村心「稽古は修行のような日々」

278

「最遊記歌劇伝-異聞-」フォトセッションより。

「最遊記歌劇伝-異聞-」フォトセッションより。

峰倉かずや「最遊記」シリーズを原作とするミュージカル「最遊記歌劇伝」の新作公演「最遊記歌劇伝―異聞―」が、去る9月4日より東京・東京ドームシティ シアターGロッソで開幕。初演前には、囲み取材とゲネプロが行われた。

本公演は、「最遊記」シリーズを原作とした「最遊記歌劇伝」の最新作。桃源郷随一を誇る修行寺・大霜寺を舞台に、三蔵法師の称号を巡る過酷な修行に挑む修行僧たちの姿が描かれる。囲み取材には、烏哭三蔵法師役の唐橋充、光明三蔵法師役の三上俊をはじめとするキャスト一同が出席した。

これまで上演された「最遊記歌劇伝」シリーズに出演してきた唐橋は「今回は『異聞』ということで、若い子たちが作る『最遊記』の“新しいライン”ができたらいいなと思っていましたが、この先も続いていくだろうなと自信を持っております」とコメント。同じく過去作に引き続き出演のする三上も「新たな可能性の扉が開きました。もう『最遊記歌劇伝』の志というものを若い子たちも僕らも持っていますので、必ず楽しんでもらえると思います」と自信をのぞかせた。また隆善役の谷戸亮太が、見どころについて「若い皆さんが一生懸命汗だくになってるところ」と語ると、唐橋も「ほんとそれだと思う。本当にいいのよ、キラキラして」と賛同した。

抄雲役の齋藤健心は「『最遊記歌劇伝』の新しい歴史を作っていけたらなと思っております。汗をかいて全力で、魂を込めてがんばります」と意気込み、丸福役の月岡弘一は「暑い夏をさらに“熱く”するので、楽しみにしてください」とコメント。また蝶庵役の二葉勇は、顔合わせの際に脚本・演出の三浦香から「この作品で青春してほしい」と伝えられたことを明かし、「キャスト一丸となって青春できる熱い作品になりました。想像以上に熱い作品になっていると思いますので、ぜひそこも注目していただければ」と笑顔を見せる。

本作が三蔵法師を目指し過酷な修行に挑む修行僧たちの物語であることから、青藍役の古谷大和は「舞台の稽古は修行みたいなもの。すごく大変でしたし辛い日もありましたが、この舞台をやりきって千秋楽を迎えることが、修行僧たちが三蔵法師になることに近いのかなと思い、そういう気持ちでここまで来ました」と振り返る。続く、道卓役の前川優希も「生きるか死ぬかみたいなところで生きている人たちのお話ですが、青春を感じられるシーンや、どこか懐かしいと感じる場面では共感していただけるんじゃないかな」とコメント。

また「キャストの中で唯一の妖怪役」と笑顔で自己紹介した玄灰役の深澤大河は「先代の熱い思いを受け継いでがんばります」とこれまでの「最遊記歌劇伝」シリーズに思いを馳せる。さらに桃醍役を演じる小沼将太は「『最遊記歌劇伝』は長く続いてきた舞台。『異聞』という別ルートでも、しっかり作品の魅力を届けられるように全力でがんばっていきます」と意気込みを語った。

最後に峯明役の田村心が「稽古が本当に修行のような日々でした。でも本番が始まる今日から本当の修行が始まるなと思っております。来ていただいたお客様に何かを届けるという気持ちと責任を忘れずに、最後まで駆け抜けていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」と述べ、初日挨拶を締めくくった。「最遊記歌劇伝―異聞―」は9月4日から9日まで、東京・東京ドームシティ シアターGロッソにて上演される。

※記事初出時、キャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

「最遊記歌劇伝-異聞-」

期間:2018年9月4日(火)~9月9日(日)
会場:東京ドームシティ・シアターGロッソ

スタッフ

原作:峰倉かずや「最遊記異聞」(一迅社刊)
脚本・演出:三浦香
制作:CLIE
製作:最遊記歌劇伝旅社(CLIE・フロンティアワークス)

キャスト

峯明:田村心
桃醍:小沼将太
玄灰:深澤大河

青藍:古谷大和
道卓:前川優希
蝶庵:二葉勇
丸福:月岡弘一
抄雲:齋藤健心
義兆:福井将太
隆善:谷戸亮太
待覚法師:うじすけ

烏哭三蔵法師:唐橋充
光明三蔵法師:三上俊

アンサンブル:寿也、田中大地、和久井大城、田頭和樹、松田一希、飯田寅義、白石裕規

(c)峰倉かずや・一迅社/最遊記歌劇伝旅社 2018

コミックナタリーをフォロー