コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

吸血鬼とのシェアハウス新連載&「こはる日和とアニマルボイス」動画がASUKAに

80

緒崎カホの新連載「シェア・ウィズ・ブラッド」が、本日8月24日発売の月刊ASUKA10月号(KADOKAWA)にてスタートした。

「シェア・ウィズ・ブラッド」は、吸血鬼と人間の同居を描くシェアハウスもの。身寄りがなく行き場に困っていた少年・潮のもとに、会ったことのない父親から手紙が届いたことから物語は始まる。友人がやっているシェアハウスを紹介するという内容に惹かれた潮だが、その家は「吸血鬼の住む屋敷」と噂されるいわくつきの物件だと村人から忠告を受ける。

そのほか今号には、加藤えりこ「こはる日和とアニマルボイス」のボイス付き動画にアクセスできるQRコードを収録。速水奨、吉岡美咲、南雲希美、中村カンナ、島田愛野、花守ゆみりが動物の声を、石井孝英が主人公・小陽役を演じている。サカノ景子「封神しない演義」は完結を迎え、最終6巻が10月24日に発売されることが決定。また付録には、ハルタ(KADOKAWA)編集部と月刊ASUKA編集部から有志の編集者が集い刊行している小冊子「青騎士」の第3弾が用意された。

コミックナタリーをフォロー