コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「機動戦士ガンダムNT」主人公役に榎木淳弥、戦闘シーンも映し出される映像解禁

3199

「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」特報映像より。

「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」特報映像より。

「機動戦士ガンダム」シリーズの最新作「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」が11月30日より、全国90劇場で公開されることが決定。新キービジュアル、特報映像、キャストなど新情報も一挙に公開された。

このたびキャストが発表されたのはナラティブガンダムのパイロットであるヨナ・バシュタ、ルオ商会特別顧問のミシェル・ルオ、ユニコーンガンダム3号機フェネクスのパイロットであるリタ・ベルナルの3名。それぞれ榎木淳弥村中知松浦愛弓が演じる。

また今回公開されたキービジュアルにはヨナ、ミシェル、さらにシナンジュ・スタインのパイロットであるゾルタン・アッカネンら登場人物3人に加え、モビルスーツの姿もデザイン。特報映像では、ナラティブガンダムとシナンジュ・スタインの激しい戦闘シーンや、ミネバ・ラオ・ザビの姿も映し出されている。

そのほかオールカラー20ページの特製ブックレット「報告書-U.C.0097-」が付くムビチケ前売券第2弾を、上映劇場ほかにて明日8月17日より販売。ブックレットには、ルオ商会がまとめた極秘の報告資料という設定で、UC計画に関連したモビルスーツ、関連勢力の情報がまとめられている。

さらに本作がU.C.0097年を舞台にすることにちなみ、総計97名に景品が当たる「『機動戦士ガンダムNT』不死鳥狩りキャンペーン」を10月31日まで開催中。景品には本作の鑑賞券をはじめ、作中に登場するモビルスーツのガンプラが用意された。応募方法などの詳細は公式サイトで確認を。

「ガンダムNT」は「機動戦士ガンダムUC」の続きを描く、宇宙世紀シリーズ27年ぶりの完全新作映画。「機動戦士ガンダムUC」から1年後のU.C.0097年を舞台に、2年前に消息不明となっていたユニコーンガンダム3号機を巡る争奪戦が展開される。

「機動戦士ガンダムNT」

2018年11月30日(金)全国90劇場にて公開

スタッフ

企画・制作:サンライズ
原作:矢立肇、富野由悠季
監督:吉沢俊一
脚本:福井晴敏
メインキャラクター原案:高橋久美子
キャラクターデザイン:金世俊
メカニカルデザイン:カトキハジメ、小松英司
色彩設計:すずきたかこ
CGディレクター:藤江智洋
モニターデザイン:佐山善則
美術監督:丸山由紀子、峯田佳実
特殊効果ディレクター:谷口久美子
撮影監督:脇顯太朗
編集:今井大介
音響監督:木村絵理子
音楽:澤野弘之
アニメーション制作:サンライズ
配給:松竹

キャスト

ヨナ・バシュタ:榎木淳弥
ミシェル・ルオ:村中知
リタ・ベルナル:松浦愛弓

(c) 創通・サンライズ

コミックナタリーをフォロー