コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

宇宙世紀100年の歴史を描くプロジェクト始動!濱口優「ワクワクでしかない」

244

「ガンダムシリーズ」新作発表会の様子。左からサンライズのプロデューサー・小川正和氏、声優の浪川大輔、よゐこの濱口優、作家の福井晴敏、サンライズの宮河恭夫代表取締役社長。

「ガンダムシリーズ」新作発表会の様子。左からサンライズのプロデューサー・小川正和氏、声優の浪川大輔、よゐこの濱口優、作家の福井晴敏、サンライズの宮河恭夫代表取締役社長。

アニメ「ガンダム」シリーズの新作発表会が、本日4月20日に東京・THE GUNDAM BASE TOKYOで開催された。

イベントではまず、サンライズの宮河恭夫代表取締役社長が登壇。宮河社長から新たな宇宙世紀100年の歴史を描く「UC NexT 0100」プロジェクトが発表される。続けて宇宙世紀0123年を舞台とする「機動戦士ガンダムF91」の先の世界まで描かれることも明言された。

ここでプロジェクトの第1弾として展開されるタイトル「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」が明かされる。本作は「機動戦士ガンダムUC」の1年後を舞台とし、今年の11月に劇場公開されることも発表。また「UC NexT 0100」プロジェクトではゲームを軸とした展開で、宇宙世紀の終わりまでを描く予定であることも告知された。

挨拶が終わると「ガンダム」シリーズのプロデューサーを務める小川尚弘氏が登場。小川氏から「機動戦士ガンダムNT」が「ユニコーンガンダム3号機フェネクス」をめぐる物語になることが告げられる。さらに本作のシナリオを担当する作家の福井晴敏も登壇し、さらに作品に踏み入った話を展開。本作のタイトルに付けられた「NT」がニュータイプから取られたという話題で、福井は「ニュータイプ神話に対して、ひとつ句読点がつく話ができたらいいな」と展望を語る。

また今作に登場するナラティブガンダムについて「コンセプトは着せ替えガンダムです」と福井から説明される。作戦ごとにパーツを組み替えて戦うことを特徴とし、ユニコーンガンダム3号機フェネクスを捕まえるための機体であることも話された。さらに今回のフェネクスをめぐるストーリーは、これまで小説などで展開されてきたものとはまったく新しいものになることも明かされる。

発表会の途中からは声優の浪川大輔、よゐこの濱口優も合流しトークを展開。浪川が「ガンダムUC」にリディ・マーセナス役で出演していたことから、今作にも登場するのかという話題になると、「一番気になるのは僕」と浪川が話す。それに対し福井は「大事にしていきたい」と含みを持たせて答える。小川氏はシナリオが全部できていることを明かしながら、「リディ」の字はあんまりないと暴露。浪川が「ナラティブのオファーは今後こないだろう?」と聞くと、福井は「うん。本編では」「NexT 0100だから後100年あるよ」と浪川をいじり倒す。

ここで壇上には4人の思い出のガンプラが運び込まれる。濱口はグフと、グフが飛行するのに使用するド・ダイYSをチョイス。濱口はグフについて「当時欲しかったけど手に入んなくて」と話し、唯一手に入れたのがド・ダイYSだったと思い出を語る。コーナーの最後には濱口のために作られたというユニコーンガンダム3号機フェネクスも登場。フェネクスの持つ3本槍の先には魚が刺さっており、「獲ったどー!」と言い出しそうな姿。濱口はガンプラを持つと「フェネクス持ったどー!」とお馴染みのセリフを言い、3人からはなぜか「ありがとうございます」と感謝されていた。

最後の挨拶で小川氏は「責任を持って宇宙世紀のガンダムをたくさん作っていこうと思います」と述べる。濱口は「ガンダムUC」の最終回でこれからも話は続くと語られたことを話し、「それがようやく現実になってきたんで、ワクワクでしかない」と声を弾ませコメントした。

「機動戦士ガンダムNT」

2018年11月劇場公開予定

スタッフ

企画・制作:サンライズ
原作:矢立肇、富野由悠季
監督:吉沢俊一
脚本:福井晴敏
メインキャラクター原案:高橋久美子
キャラクターデザイン:金世俊
メカニカルデザイン:カトキハジメ、小松英司
色彩設定:すずきたかこ
美術監督:丸山由紀子、峯田佳実
音響監督:木村絵理子
編集:今井大介
音楽:澤野弘之
アニメーション制作:サンライズ

コミックナタリーをフォロー