コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「銀魂2」戸塚純貴が小栗旬に“世代交代”宣言、小栗は「今度体力勝負しよう」

123

左から福田雄一監督、山本美月、戸塚純貴、立木文彦、小栗旬。小栗の計らいで急遽、戸塚を中心としたフォトセッションとなった。

左から福田雄一監督、山本美月、戸塚純貴、立木文彦、小栗旬。小栗の計らいで急遽、戸塚を中心としたフォトセッションとなった。

空知英秋原作によるdTVオリジナルドラマ「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-」の舞台挨拶付き先行上映会が、本日8月11日に東京・丸の内ピカデリー1で行われた。

イベントには脚本・監督の福田雄一、メーテル役の山本美月、マダオ役の立木文彦、山崎退役の戸塚純貴が登壇。立木はマダオの衣装で現れ、観客から大きな歓声を浴びた。冒頭の挨拶では、戸塚の順番が飛ばされてしまうというお約束のいじりも。フォトセッションには、坂田銀時役の小栗旬もサプライズ登場した。

福田監督は今回ドラマ化されたエピソードについて、「去年のミツバ篇からギャグをやりたかったんですが、初めだから皆さんが感動できるようなものがいいんじゃないかと思って……。もし続編があったら絶対ギャグ3本だと決めていたので、ようやく叶いました」と笑顔。また「特に、『眠れないアル篇』は絶対にやりたくて。だから、実は前作のときから神楽の押入れの中を寝床として作り込んであったんです。ちゃんと都こんぶも置いて」と話し、観客を驚かせた。

メーテルがドラマオリジナルキャラクターとして登場した経緯については、福田監督が「せっかく宇宙行くなら銀河鉄道に乗ってメーテルと話してもらおうと思いついて」と説明。福田が監督・脚本を担当したドラマ「アオイホノオ」で、山本がメーテルのコスプレを披露していた縁から、彼女にオファーをしたと話す。これに「銀魂」ファンの山本が「映画への出演も諦めてないですよ」とアピールすると、福田監督は「『2』が大ヒットしたら『3』もあるかもしれない……そのときに」と応酬した。メーテル役を演じるうえでこだわった部分を聞かれた山本は、「ビジュアル重視です!」と返答。「金髪だから黒い眉毛は隠してほしいとか、メイクさんにすごくお願いしました」と役作りのポイントを明かした。

アニメでマダオ役の声優を務めている立木は、ドラマで同キャラクターを演じる喜びを「声優冥利に尽きる」とコメント。また「『銀魂2』はプロモーションも、ギリギリどころかとんでもないところ攻めてます。ワクワクすっぞ!」と、先日公開された、自身がナレーターを務める予告編を意識しながら述べた。さらに会話の流れから、立木が声優を担当した「新世紀エヴァンゲリオン」の碇ゲンドウ風のセリフを披露することに。立木は「こういう場でやるのは初めて(笑)」とおどけながらも、「総員、戦闘準備。『銀魂2』発進だ……」「『銀魂2』問題ない」と語り、会場をおおいに沸かせた。

戸塚は「いつも通りイジられてました」と撮影現場を振り返る。福田監督が「『2』がヒットして、『3』をやることになったらという前提ですけど、(戸塚には)出演してもらうかわかんないです……。小栗旬をしのぐ何かが戸塚くんにないと」と冗談めかして伝えると、戸塚は「体力は俺のほうがあります!」とアピール。周囲から乗せられた戸塚は、「世代交代だ!」と宣言した。

するとトーク後のフォトセッションで、スタッフに扮した小栗旬が宣伝用パネルを持って登場。観客はもちろん、小栗の登場を知らされていなかった福田監督以外のメンバーが喜びの声をあげる中、戸塚は小栗から逃げ出すように舞台の隅へ。先ほどのやり取りを聞いていた小栗が、戸塚に「俺に言いたいことがあるんだって?」と問いかけると、戸塚は涙目になりつつも「山崎役として、小栗さんを超える芝居を見せます……世代交代だ!」と再び宣言。小栗は「がんばってください、楽しみにしてます」と余裕の対応を見せながら、「でもたぶん、俺のほうが体力あると思う。今度2人っきりで体力勝負しよう」と勝負を持ちかけた。

「銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-」は8月18日よりdTVにて順次配信スタート。映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」は、8月17日より全国で公開される。

(c)空知英秋/集英社 (c)2018映画「銀魂2」製作委員会 (c)2018 エイベックス通信放送

コミックナタリーをフォロー