コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「恐怖の口が目女」昭和テイストの怪奇譚から始まる崇山祟の奇妙な世界

121

崇山祟の単行本「恐怖の口が目女」がリイド社より発売された。

同作はWebサービス・noteにて連載された作品。物語は日々スクープを狙う清心学園新聞部部長・美空すずめのもとに、「大変な事が起きました」と部員の吉永百合子が駆け込んでくるシーンから始まる。彼女が持ち込んだのは、“口が目女を見た”という都市伝説のようなネタ。その正体を突き止めんと調査をするうち、すずめたちはある集団が極秘裏に進める黒い陰謀へとたどり着く。単行本は原稿を再スキャン、デジタルリマスター化した“完全版”として登場。祟山と天久聖一の対談、8ページのおまけマンガ「カマドウマになった少年」も収められた。祟山が単行本を上梓するのは今回が初めて。なおリイドカフェでは、単行本の発売を記念した描き下ろし作品「いかさま」を公開中だ。

なおタコシェでは、7月7日に祟山のサイン会を開催。整理券は同店にて単行本を購入した人に配布される。サイン会の参加者には、特典として「恐怖の口が目女」のテーマソングCD-Rもプレゼントされる。

崇山祟サイン会

日時:2018年7月7日(土)15:00~17:00
会場:タコシェ

コミックナタリーをフォロー