コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「猿ロック」芹沢がモーニング登板、堕ちた医師を描く

「猿ロック」の芹沢直樹の新連載「ルシフェルの右手」が、本日2月25日発売のモーニング13号(講談社)よりスタートした。

モーニング初登場の芹沢が選んだ題材は、暗い過去を抱えた医師。罪を犯し2度とメスを握らないと決意するものの、使命感と罪の意識との間で葛藤する様子をシリアスに描いている。

また13号では月イチ連載のよしながふみ「きのう何食べた?」が掲載され、たかぎ七彦「幕末*都市伝説 なまずランプ」が第2部「地の巻」の最終話を迎えた。単行本3巻は3月23日に発売される予定で、第3部「人の巻」は鋭意構想中とのこと。3月4日発売の次号14号からは東村アキコの新連載「主に泣いてます」が表紙&巻頭カラーで登場する。

※初出時、記事に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

コミックナタリーをフォロー