コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

映画「兄友」横浜流星に松岡広大&観客が「かわいい!」コール

333

映画「兄友」完成披露上映会の様子。左から小野花梨、松岡広大、横浜流星、松風理咲、古川毅、中島良監督。

映画「兄友」完成披露上映会の様子。左から小野花梨、松岡広大、横浜流星、松風理咲、古川毅、中島良監督。

赤瓦もどむ原作による実写映画「兄友」の完成披露上映会が、本日5月9日に東京の新宿バルト9で行われた。イベントには西野壮太役の横浜流星、七瀬まい役の松風理咲、加賀樹役の松岡広大、七瀬雪紘役の古川毅(SUPER★DRAGON)、西野秋役の小野花梨が、劇中で実際に着用した衣装に身を包んで登場。また中島良監督もともに登壇した。

古川はイベント開始早々、横浜に「丈感、大丈夫?」、松岡にも「横がパツパツじゃん」と制服のサイズをつっこまれる。古川は「パツパツっすね」と照れた表情を浮かべ、スタートから和気あいあいとした雰囲気を醸し出した。

イケメンだが奥手な男子高校生という役柄だった横浜は「かわいい役は以前の映画でもやったことがある」と前置きしつつ、「自分の中で(自分に)かわいいというイメージがなかったので恥ずかしいですね」と西野役を演じた感想を漏らす。それに対し、松岡が「かわいいよ」と返すと観客からも「かわいい」コールが飛び、横浜がはにかみながら「それだけが支えです……」とつぶやく一幕も。

登壇者の中で唯一の現役高校生である松風。MCが「実際に西野(壮太)のようなウブな男子はいるのか?」と質問すると、松風は「あまり出会ったことないですけど、西野さんっていい人だし優しい人っていうのは伝わってきます」と答えた。すると隣にいた横浜は「流星くんも?」と探りを入れる。松風が「もうちょっと男らしさがあったら素敵な人だったなと思います」と言うと、横浜は途端にうなだれてみせる。松風は「あ、西野さんがですよ!」と慌ててフォローを入れ、横浜がその発言により元気を取り戻すと、会場から笑いが起きた。

本作で映画初出演を飾った古川は「1日が3日分に感じるぐらい緊張しましたが、横浜くんが『実写化作品だから思い切ってやっちゃっていいよ』と貫録のあるアドバイスをしてくださって助かりました。初出演の映画がこの作品でよかった」と微笑んだ。そんなキャスト陣の様子を見ていた中島監督は「時間がない中で一気に撮ったので、みんな待ち時間でいきなり練習を始めたりするんですよ。違う感じで(セリフを)言ってみたりとか。古川くんと松風さんは成長したよね」と語りかける。続けて「古川くんは初日に12回NGを出して。それに付き合って横浜くんが『あっ』っていうセリフを言い続けてました」と明かし、「すごくチームワークのいい現場だったと思います」と称えた。イベントではこのほか、実写版オリジナルキャラクター・橘萩之介を演じた福山潤が映像で登場し、カップル間のマンネリを解消するための恋愛指南を行うコーナーも。和やかな雰囲気のまま上映会は幕を閉じた。

映画「兄友」は5月26日より、全国で順次公開。原作マンガの「兄友」は花とゆめ(白泉社)にて連載中だ。

(c)「兄友」製作委員会 (c)赤瓦もどむ/白泉社・花とゆめ

コミックナタリーをフォロー