コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

「つきツキ!」の柴嶺タカシ、オリジナル新連載は美少女バトルアクション

18

「黒のカミサマと白のアデプト」の扉ページ。

「黒のカミサマと白のアデプト」の扉ページ。

「つきツキ!」の柴嶺タカシによる新連載「黒のカミサマと白のアデプト」が、本日4月27日発売の月刊コミックアライブ6月号(KADOKAWA)でスタートした。

同作はコードを操る“魔法士”が、“瘴鬼”と呼ばれるバケモノと戦いを繰り広げるバトルアクション。物語は主人公の暁悠真が、幽霊が出ると噂の場所で、銀色の髪を持つ不思議な少女・叶奏と出会ったことから動き出す。やがて校内に瘴鬼が現れ、悠真の幼なじみ・みなかが囚われの身に。絶体絶命かと思われたその時、助けに現れたのは叶奏だった。

そのほか今号には、イラストレーターのせせなやうが描き下ろした「ようこそ実力至上主義の教室へ」のB2ポスターと、衣笠彰梧の書き下ろしによる「ようこそ実力至上主義の教室へ」特別編を収録した小冊子が付属。見波タクミ原作によるYUI「できそこないの魔獣練磨師」は最終回を迎えた。

コミックナタリーをフォロー