コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ひうらさとるが「娼年」のリアリティに驚き、松坂桃李演じる“娼夫”リョウを執筆

165

ひうらさとるが、松坂桃李主演の映画「娼年」のイラストを描き下ろした。

4月6日公開の「娼年」は、女性専用の会員制ボーイズクラブで働くことになった森中領が、“娼夫”のリョウとしてさまざまな女性と体を重ねていく中で成長する姿を描くR18+指定作品。ひうらはリョウが背中を見せ、物憂げに何かを見つめる姿を描いた。

またひうらのコメントも到着。「舞台版を観て衝撃を受けた『娼年』が映画化!え?あれを?可能なの!?」と映画化の実現に驚愕したことを明かしつつ、「都会の路地を曲がれば本当にこんな買われた青年と買った女性たちがいるようなむしろ買ったのは私では…?と思わせるリアリティ。そして一人の男の静かな交流と成長の物語でした」と語っている。

ひうらさとるコメント

舞台版を観て衝撃を受けた「娼年」が映画化!え?あれを?可能なの!?
もちろん三浦監督ならではのR18を目一杯使い切ったセックスシーンも満載なのですが、都会の路地を曲がれば本当にこんな買われた青年と買った女性たちがいるようなむしろ買ったのは私では…?と思わせるリアリティ。そして一人の男の静かな交流と成長の物語でした。

コミックナタリーをフォロー