映画「娼年」 PR

「娼年」松坂桃李インタビュー|人の心を軽くする、繊細で優しい映画の誕生

三浦大輔監督、松坂桃李主演で石田衣良の小説を実写映画化した「娼年」が、4月6日に封切られる。本作は会員制ボーイズクラブで“娼夫”として働くことになったリョウこと森中領が、さまざまな女性たちと関わる中で成長していくさまを描いた人間ドラマ。2016年には三浦と松坂のタッグで舞台化された。

映画ナタリーでは、身も心もさらけ出した演技で主人公・リョウを演じた松坂のインタビューを掲載。作品に懸けた思いや撮影の裏話を語ってもらった。さらに、トップクラスの売上を誇る娼夫・アズマ役の猪塚健太にも話を聞いた。

取材・文 / 秋葉萌実(松坂)、山川奈帆子(猪塚) 撮影 / 草場雄介
松坂桃李:スタイリング / 丸山晃
ヘアメイク / AZUMA(M-rep by MONDO-artist)

ようやく「娼年」が完成する

──松坂さんが「娼年」で主演を務めるのは、2016年に上演された舞台に続いて2度目です。今回の映画には、舞台ではできなかった表現も盛り込まれているそうですね。映画ならではの表現はどんなところにあると感じますか?

松坂桃李

舞台の「娼年」は、生ならではの臨場感をお客さんに味わってもらえるというのが利点だったんです。映画ではそれが通用しませんが、カメラで寄りや引きの画を切り取ることができるので、キャラクターの繊細さをより深掘りできる強みがあると思いました。三浦大輔監督もおっしゃっていましたが、この映画でようやく「娼年」という作品が完成するなと感じています。

──確かに、映画では登場人物たちの心情の機微が丁寧に表現されています。撮影については、以前「あまりに過酷」と語っていましたね。「自宅から通ったら、現場に行っていなかったかも」とも……(参照:松坂桃李が“童貞”から1日半で“娼夫”へ、「娼年」の過酷な撮影を振り返る)。

松坂桃李

現場へ行くときは気が重くて、隕石が落ちないかなあとかそんなことばかり考えていて(笑)。体を通してのコミュニケーションを丁寧に描かないとただ濡れ場が続くだけの作品になってしまうので、手や胸などの動き1つひとつに感情が乗っているさまを拾っていく必要があったんです。キスから胸に触れるまでの流れを演じたあと、そこからシーンの終盤までをやって……という具合に、ちょっと進んでは戻るのを繰り返していました。すごく地道で気が遠くなりそうでしたが、この作品にはそれが必要不可欠な作業で。いいものが作れるという確かな共通認識が僕と三浦さんの中にあったので、なんとかやっていけました。

──ちなみに、松坂さんは作品に入る前に世界観の合うアーティストを選んで、撮影期間はその方の曲をずっと聴いているとか。今回はどなたの曲だったんでしょうか?

内緒です!(笑) マジシャンが種明かしをするような気分になってしまうので、映画が公開するまでは秘密にしておこうと思っていて。舞台のときはアデルの「Hello」を聴いていたんですが今回は違います。

リョウのようにありたい

──アズマ役の猪塚健太さんは、松坂さんとリョウは雰囲気が近いとおっしゃっていました。ご自身はリョウと共通点を感じる部分はありましたか。

本当ですか? いやあ、リョウは僕とは違って完璧な人間ですからね。彼は他人のいろんな思いを受け止めるポテンシャルが高いし、広い視野で人を見ている。そういう部分はすごくわかる気がします。でもその要素が自分に備わっているわけではなく、彼のようにありたいなという気持ちですが。

──そうなんですね。松坂さんは、女性たちが彼のどんなところに惹かれるんだと思います?

「娼年」

リョウ自身が傷を抱えている人物だというところでしょうか。女性客1人ひとりが誰にも触れられたくない柔らかな心情を自分の中に持っていますが、彼は無意識的に彼女たちと同じ目線に降りていって、心をほぐすことができる。女性にとってはお互いの繊細な部分を差し出し合うことができる存在となったから、彼は必要とされたのかなと思います。

──なかなか聞きづらいところですが、ベッドシーンの撮影エピソードについてもお伺いしたいです。

なんでもどうぞ!

──先ほど、撮影にあたってはかなり苦労されたとおっしゃっていましたが、何か意識したことはありましたか。

女性との距離感ですね。1人ひとりの欲望のタイプが違うのと同じように女優さんも人によって“絶対領域”が異なるから、それはすごく大事にしていたつもりです。舞台は稽古が1カ月以上あったのでコミュニケーションを取りながら少しずつ信頼関係を築いていけましたが、映画では共演シーンが多い方でも2日くらいしかご一緒できなくて。カメラの前にいるたった一瞬だけでもいいから信頼関係を築けるようにと、距離の保ち方はずっと意識していました。

「娼年」

──特に印象的だった女性は?

どの方も印象的ですが、リョウにとっては最初のお客さん(大谷麻衣演じるヒロミ)は女性を知るきっかけを与えてくれた人なので大事な存在だなと。舞台でも共演した江波(杏子)さんも印象深いです。この老女役を演じることができる女優さんは江波さんしかいないなと改めて感じました。

「娼年」
2018年4月6日(金)全国公開
「娼年」
ストーリー

東京の名門大学に通う森中領は、日々の生活や女性との関係に退屈し、無気力な生活を送っている。ある日、バイト先のバーに会員制ボーイズクラブのオーナー、御堂静香が訪れたことから、領は娼夫の仕事をスタートさせることに。彼は娼夫として女性たちと対峙していく中で、1人ひとりの中に隠されている欲望や繊細な部分に触れ、やりがいを見つけていく。

スタッフ / キャスト

監督・脚本:三浦大輔

原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊)

企画製作・配給:ファントム・フィルム

出演:松坂桃李、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、小柳友、馬渕英里何、荻野友里、佐々木心音、大谷麻衣、西岡德馬、江波杏子ほか

※R18+指定作品

松坂桃李(マツザカトオリ)
1988年10月17日生まれ、神奈川県出身。2009年に特撮ドラマ「侍戦隊シンケンジャー」で俳優デビュー。主な出演作に「日本のいちばん長い日」「キセキ ーあの日のソビトー」「ユリゴコロ」「彼女がその名を知らない鳥たち」「不能犯」などがある。5月12日には「孤狼の血」が公開。また、主演舞台「マクガワン・トリロジー」が6月から上演予定。